ぬか漬け資格人気徹底比較

ぬか漬け

今、家庭で作る『ぬか漬け』が見直されています。
多くの日本人が飯の友は?と聞かれると、漬け物と答えるのではないでしょうか。「銀シャリに漬け物と味噌汁があれば他はいらない。」なんていう人さえいるほど漬け物はお米との相性が良い食品として親しまれてきました。そしてその漬け物のうち、昔からもっとも多くの家庭で作られていたのが『ぬか漬け』です。 ぬか漬けは野菜や米ぬかを無駄にしない日本人の知恵から生まれた発酵食品であり、昔は各家庭で普通に作られていました。家庭で作るぬか漬けは、ぬか床の具合によってそれぞれの家庭の味や風味があり、ぬか漬けの味を引き継ぐために姑から嫁へぬか床を伝授したものでした。しかし、食生活の変化によって多くの日本の家庭からぬか床はなくなってしまいました。ぬか漬けはスーパー等で買うのが常識になり、家庭からぬか床の作り方も忘れられてしまいました。― それが今、味と栄養の面でぬか漬けが見直されて、若い人達の間でぬか床からぬか漬けを作る人が増えています。しかも作り方や材料が進化した、おしゃれで新しいぬか漬けが家庭で作れるそうです。 そこで、今人気のぬか漬け作りの資格を徹底比較3位までご紹介します。今からぬか漬け作りを初めようという人だけでなく、ぬか漬け作りを極めて教室を開きたいと考えている人にもお勧めです。興味のある方は是非参考になさってください。
 

1位 ぬか漬けソムリエ

日本安全食料料理教会(JSFCA)認定のぬか漬けの専門家-ぬか漬けソムリエの資格です。 取得すると、ぬか漬けの起源や歴史・様々な材料を使った詳しい作り方・栄養面や健康効果についてetc・・・ぬか漬けに関する幅広い知識を習得した人材として認定されます。 取得後は家庭でぬか付けを作るだけでなく、スーパーや専門店等の売場で販売員としてお客様に商品を説明する際にも役立ちます。また、食品メーカーにお勤めの方がスキルアップの為に取得するのもいいでしょう。 取得方法は、 ① 教会指定の通信講座を受講し、認定試験に合格する。認定試験は年6回実施(偶数月)、 ② ①と同じ教会指定の通信講座を受講し、卒業課題をクリアすれば資格認定。(受講期間は通常6ヶ月ですが集中して受講すれば2ヶ月程で取得可能です。)学習の内容は幅広いのですが難易度は高くないので割と簡単に取得できるということでも人気の資格です。市販のレシピ本やネット記事を参考にして独学で何度も失敗するよりも講座で基礎から習得したほうが上達が早いと思います。
 

2位 ぬか床ソムリエ

日本インストラクター技術協会(JIA)認定の、栄養や健康面での効果を重視したぬか漬け作りを習得した講師-インストラクターとして認定される資格です。ぬか漬けソムリエが基礎編・入門編とすれば、この資格は中級編・上級編というイメージでしょう。 取得すると、ぬか漬けの持つ健康効果や美容効果、ダイエット効果を十分理解し、より効果のあるぬか漬け作りを指導できる人材として認定されます。また、自分で新しいぬか漬けのレシピを作る場合も、この資格の学習内容が非常に役立ちます。自分でぬか漬け作り教室を開こうと考えている人にとっては取得しておいて損のない資格だと思います。 取得方法はぬか漬けソムリエと同じで、通信講座を受講しての認定試験合格もしくは卒業課題クリアが必要となります。ぬか漬け作りが初めての人は、ぬか漬けソムリエとぬか漬け作りインストラクターを同時に受講してダブルで資格取得も可能です。 実践的な学習内容ですが、受講料が割と手頃なうえに講座は無理のないカリキュラムが組まれていて、働きながらでも短期間で取得し易いということで人気の資格です。
 

3位 ぬか漬けマイスター

日本ぬか漬け協会認定のWEBテスト修了認定資格です。ぬか漬けについて何も知らない人でも何度かやるうちに合格できる程度の簡単なテスト内容です。上記2つの資格のようにぬか漬けの作り方や分類、様々な効果について等の詳しい知識を学習して認定されるような資格ではなく、WEB上でぬか漬けに関する15問の四択問題に答えて全問正解すれば認定証が送られてくるというものです。単にぬか漬けに興味がある程度の人が試しにやってみるには簡単でいいと思いますが、合格しても趣味や仕事には活かせそうにありません。
ぬか漬け資格  ぬか漬け資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る