はちみつ資格人気徹底比較

蜂蜜

優れた健康美容食として「はちみつ」が改めて注目されています。
天然の甘味料、または美容の秘薬として古来より世界中で珍重された「はちみつ」。小さなミツバチが我々に与えてくれる自然の恵みです。 その豊かな自然の甘味と栄養素は貴重な食材、または健康・美容の良薬成分として等、様々な形で私たちの生活に活用されています。しかし、貴重な嗜好品だった時代に比べて身近になったはずの「はちみつ」を、多くの人が十分に利用できていません。これは本当に残念なことではないでしょうか?― それが今、健康や美容の意識の高い人たちの間で改めて「はちみつ」が注目されています。そして、はちみつをもっと詳しく知りたい、はちみつをもっと効果的に利用したい、多くの人達にはちみつの利用を広めたいという人達を対象に、はちみつの資格があります。 そこで、今人気のはちみつ資格を徹底比較3位までご紹介します。 はちみつが好きで健康や美容にもはちみつを使いたいと思った方や、はちみつにビジネスチャンスを感じた方など、はちみつに興味を持った方は下記の記事を参考に資格取得にチャレンジしてはいかがでしょうか。
 

1位 はちみつ美容ソムリエ

日本安全食料料理教会(JSFCA)認定の、はちみつの持つ健康美容効果についての専門家-はちみつ美容ソムリエの資格です。この資格は、ミツバチの生態・はちみつが作られる過程・花とミツバチの関係・養蜂の歴史や技術等に関する基礎的な知識から、はちみつの健康美容効果、産地別の種類と効能の違い、そして様々なはちみつの利用方法etc・・・・はちみつに関して幅広い知識を習得したことを証明してくれる希少な資格です。 取得すると、家庭でのはちみつの利用だけでなく、百貨店等の食品売場や健康食品の販売店ではちみつ関連商品のエキスパートとして接客することも可能です。また、食品メーカーや食材関連企業にお勤めの方がスキルアップの為に取得するのもいいでしょう。 取得方法は、 ① 教会指定の通信講座を受講し、認定試験に合格する。認定試験は年6回実施(偶数月)され、合格基準は70%以上の正解率となっています。  ② ①と同じ教会指定の通信講座を受講し、卒業課題をクリアすれば資格認定。(受講期間は通常6ヶ月ですが集中して受講すれば2ヶ月程で取得可能です。) 学習の内容は幅広いのですが難易度は高くないので、はちみつについて何も知らない方でも割と簡単に取得できるということで人気の資格です。
 

2位 蜂蜜養蜂士

日本インストラクター技術協会(JIA)認定のアドバイザー資格です。 はちみつの健康美容効果をより詳しく理解し、家庭でのはちみつの様々な利用方法を熟知した人で、一般の人達にはちみつの利用を勧めるアドバイザーとして活動できる人材であることが証明してくれます。 取得後は、食品・美容関連企業のイベントや商品説明会等で、ローヤルゼリーやマヌカハニー等の多様なはちみつの特性と扱い方や効能について詳しいアドバイザーとして活動できるでしょう。また、既に調理師や製菓のインストラクター資格を持っている人や、自分でオーガニックフードのショップやカフェを開こうという人は取得して損は無いでしょう。 取得方法は、はちみつ美容ソムリエと同じく、協会指定の通信講座を受講し認定試験に合格もしくは卒業課題クリアが必要となります。 学習内容はより実践的ですが、受講料が割と手頃なうえに講座は無理のないカリキュラムが組まれていて、働きながらでも6ヶ月で取得できることで人気の資格です。 はちみつソムリエを入門編、この資格を上級編として同時に受講してダブルで資格取得するのがはちみつの専門家になる最短の方法かもしれません。
 

3位 はちみつマイスター

社団法人日本はちみつマイスター協会認定のはちみつ専門家資格です。日本の一般家庭に広くはちみつを普及することを目的に設立された協会の認定資格なので、養蜂業界との関係性が強いのが特徴です。 はちみつマイスターの取得方法は、協会指定の通信講座(3ヶ月)を受講するか、短期間で集中して学習するなら通学講座(東京のみ・2日間)を受講したうえで認定試験に合格しなければなりません。学習内容はより商業的で受講期間も短い為、かなり集中して学習する必要がありそうです。そして、試験に合格して協会に資格認定料(1万円)を支払えばはちみつマイスター認定証が送られます。 ただし、資格取得後は3年毎に協会へレポート提出と更新料(1万円)を支払う必要があります。 更新の手続きや費用が必要ですが、取得後も協会のサポートが受けられます。
はちみつ資格  はちみつ資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る