カクテルバーテンダー認定試験の口コミ評判

カクテル

カクテルバーテンダーとは、カクテル作りでの調合方法やその際に使用する道具など、カクテルに関する様々な知識を持つ物に与えられる資格です。

この資格を取ることができれば、カクテルについての専門知識を得ることはもちろん、季節感や色、味など、細かな点に配慮できるようになれば、カクテルやその他のお酒を扱うお店で働きやすくなったり、自分がお酒を飲む際に作ることができれば、リラックス時間がより自分らしくより良いものになるのではないでしょうか。

資格を生かす生かさないに関係なく、こちらの資格については、お酒好きの方は特に勉強するだけでも楽しさが味わえるかと思います。

カクテルバーテンダー認定試験の概要

【受験資格】誰でも受験可能

【受験料】10,000円

【受験申請】インターネット申し込み。奇数月の1日~30日。

【試験期間】偶数月の20日~25日

【受験方法】在宅での受験

【合格基準】全体の7割以上の評価

【合否】2か月後の20日

カクテルバーテンダー認定試験は、バーやスナック等お酒をメインに扱うお店で働くことだけでなく、調理学校等でカクテル作りの講師を目指す方にもおすすめできるものです。

在宅での受験ですので、堅苦しさはあまり感じず、肩の力を抜いて受けることができると思います。

お酒についてということですので、日常の中でお酒を飲むときに作ってみるなどして、実践に移すことももちろん可能です。そういったことから勉強のしやすさや楽しさでも触れやすい資格なのではないのでしょうか。.

また、偶数月の受験ということで、年間で計6回の受験が可能なので、自分のペースで勉強し、自分のタイミングで受験できることも魅力のひとつです。

カクテルバーテンダー認定試験の口コミ

カクテルバーテンダーの口コミは好評です。

理由のひとつとして、大人なイメージであるカクテルの人気が、若年層にまで広がりを見せていることです。

最近だと、居酒屋やバーでアルバイトとして働く若者が増えており、そこでドリンク作りに携わることで、お酒に興味を持つ方が増えているようです。

確かに、最近のバーでは、比較的若い方がカウンターに立っているところが多く見られ、いかに人気であるかがわかります。

カクテルの作り方やお酒の詳しい情報は、多くはインターネットで入手可能ではありますが、仕事に生かそうと思うのでしたら、一度しっかりと勉強して、知識を自分のものにすることが一番の近道であると思います。

また、単にお酒に詳しい、ということだけでもなんとなく大人でかっこいいイメージを持たれることが多いと思います。

そういったことからカクテルバーテンダーの資格を取得する方が増えているのです。

カクテルバーテンダーに向いている人の特徴

・お酒が好きな人

シンプルに、お酒が好きだからという理由で受験される方も多くいます。

最近の雑貨店でカクテルシェイカーが度々見られるようになりました。理由は自宅でもカクテルを作る方が増えたからであると考えられます

また、実際にお酒の場でカウンターに立つ人に憧れを抱いて知識を求める方も少なくありません。

カクテルバーテンダー認定試験に合格したその後

・お酒がメインのお店で働く

カクテルの作り方や知識を自分のものにできたなら、それを仕事として応用することで、そこからまた技術を伸ばすことができると思います。「弱めのお酒」、「何色のお酒」等、お客さんの要望に応えることができるようになれば、お酒を仕事にしている人間としての自信にもつながると思います。

・オリジナルのカクテルを作る

カクテルを作るにつれて、自分好みの新しいカクテルを作ってみたくなるかもしれません。そのようなときに色々なチャレンジをすることができます。

・講師活動

カルチャースクールや調理学校では、カクテルの作り方を学ぶ学校も中にはあります。そういった場所で、資格取得のために得た知識を生かし、講師として生徒たちに教えることもできます。
カクテル資格  カクテル資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る