カクテル人気資格徹底比較

カクテル

カクテルと聞くと少し大人のイメージがしますよね。
特にカクテルを作る時のシェイカーの音は初めてお酒を飲んだ時には感動したものです。しかしカクテルと一言で言っても簡単には説明できないほどの多くの種類があります。
中には個人のオリジナルカクテルもあるため、それらを含めると更にその種類は増していきます。
今回はカクテルに関する資格の中で人気のある5つについてご紹介します。

1位 カクテルソムリエ

カクテルに関して豊富な知識と確かな技術を持っている人が認定される資格です。
カクテルの作り方だけではなく、歴史や道具についてなど幅広い知識が求められます。バーなどに就職する際に大きなアピールポイントとなる資格でもあります。
しかしこの資格を取得しようと考える人は仕事面で役立たせるというより、趣味の幅を広げるために受験をする人が多い傾向にあります。
カクテルを嗜んでいる男性となると、女性からの印象も良くなるようですのでそれを目当てに受験をしようと考える人もいます。

2位 カクテルバーテンダー

コンシェルジュとはあらゆる要望に応える総合世話係を意味します。
つまりカクテルバーテンダーとは単にカクテルの知識を有しているだけではなく、カクテルを作る際の道具の選び方や作り方の技術力が高い人のことを指します。
他のカクテル系の資格と似ている部分はありますが、知識を増やすことによって自分でオリジナルカクテルを作れたり、相手の要望を聞いて満足してもらうカクテルを作ることが出来ます。
カクテルに関してどんなことも臨機応変に対応できる人と言うと分かりやすいかもしれませんね。

3位 カクテルマイスター

カクテルの勉強をしたいなら、このカクテルマイスターの資格をオススメします。カクテルの知識を基礎から応用編まで幅広く学ぶことが出来る資格です。
カクテルの知識は膨大ですが原理は比較的簡単なので難しく考える必要はありません。

4位 カクテルアナリスト

カクテルアナリストの資格はカクテルの知識はもちろんですが、バーテンダーの基礎知識、洋酒についての知識、レシピやシェイクなど専門的な知識を求められます。一見すると覚えることも多くて大変そうに思えますが実際はそうでもありません。
カクテルを作る上で絶対に覚えなければならない基本知識ばかりなのです。
バーテンダーの知識も学べるので資格取得後は即戦力になるため、バーでの就職活動にも大変有利となります。
知識をどんどん身に着けて自分で開業することも出来るでしょう。カクテルに携わる仕事をしたい人にこの資格はオススメです。

5位 カクテルアドバイザー

カクテルアドバイザーは当然お酒を扱うことから成人したのみが受験対象となっています。
こちらの試験方法はカクテルの基本的な知識を有しているかが求められ、実技試験はありません。
そのせいか趣味の延長で資格取得を試みる人も少なくはないようです。
しかし趣味の延長で受ける人が多いとは言っても試験問題が特別易しいわけではありませんので、その辺を勘違いしないよう気を付けてください。
ですが他の資格と比べても比較的とっつきやすい資格のせいか、特に主婦層に人気の高い資格です。

さいごに

今回はカクテル系の資格についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたか?
カクテルはお洒落な雰囲気を持っていて、興味を持つ人も多いのですが、難しそうなイメージから資格取得まで実行出来ない人も少なくはありません。
難しく考えずに、楽しくカクテルの勉強をするくらいの気概で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?
特にバーなどで働きたいと考えている人には有利な資格ばかりです。既に何らかの資格を得ている人はスキルアップのために受験をしてみるのもいいかもしれませんね。
カクテルは奥が深いのでいくら学んでも限界点はありません。
カクテルは探求心を持つ人こそ良いものを作れるのだと思います。
カクテル資格  カクテル資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る