カフェオーナー経営士認定試験口コミ評判

カフェオーナー

日本安全食料料理協会が主催する「カフェオーナー経営士認定試験」で合格すると、カフェを開業する上で知っておきたいマーケティングの知識などを身につけた人を認定する資格「カフェオーナー経営士」の資格が手に入ります。

喫茶店やカフェを開業してみたいという人はこの資格の取得を目標に勉強してみると良いでしょう。

今回はこの「カフェオーナー経営士」の資格について受験方法や勉強方法などを紹介します!

 

1.資格試験をおすすめする理由

カフェを開業する上で必ずしもこのような資格は必要ありません。

それではなぜおすすめするのでしょうか?

やはり理由としては開業するための最低限の知識を確かめられるからです。

開業するからには失敗はしたくないと思いますよね?

絶対という物はないとは言え、出来る事はやっておきたいものです。

試験を受けるという事は3者の目線で能力を判断するという事なので、自分の能力を客観的に見ることが出来るんですよね。

もし試験に落ちてしまうようなら「至らなかった部分があったのかな・・・」と今後身につけておくべき課題を明らかに出来ますし、合格すれば「最低限の知識は身に付いているのだな」とチェックできます。

 

2.日本安全食料料理協会について

自分自身が受ける試験なんですから主催している所についても知っておきたいですよね!

日本安全食料料理協会は食材や料理についての資格を主に取り扱っています。

その資格の総数は13種類あり、今回紹介するカフェオーナー経営士以外では、薬膳調整師、スパイス香辛料ソムリエ、食用オイルソムリエ、ベジスイーツソムリエなどの資格があります。

資格取得後は資格認定証を発行する事ができ、自身の能力を証明する手段として活用する事が出来ます。

 

3.試験に対応した通信講座を紹介

通信講座会社であるSARAスクールジャパンで取り扱っている「カフェオーナー講座」はカフェオーナー経営士認定試験の試験対策として有効です。

通信講座で勉強したことがそのまま試験対策になり効率的に勉強を進めることが出来ます。

それに加えてなんと、日本安全食料料理協会が主催するコーヒーソムリエ認定試験にも対応しているんです。

ひとつの講座を受講するだけでふたつの資格試験の対策が出来る訳ですからお得ですよね。

 

4.コーヒーブレイクしながら勉強

先ほど紹介したカフェオーナー講座では、教材だけでなくコーヒーを淹れるエスプレッソマシンとサイフォンがセットで付いてくるんです。

カリキュラムの中には実技としてコーヒーを淹れる課程も用意されているので、学んだ知識を実践して身体で覚えることが出来ます。

「勉強中に自分で淹れたコーヒーを飲んでほっと一息!」という事も出来る訳ですね。

 

5.同時に取得しておきたい資格

カフェオーナー講座では試験問題まではカバーしていませんが、カフェを開業する上で筆者が役立つと思った資格を紹介します。

1.紅茶アドバイザー:茶葉の知識から紅茶の淹れ方などを身につけた人を認定する資格です。

2.紅茶マイスター:紅茶についての知識だけでなく、実務として活用できるレベルまで達している人を認定する資格です。

3.ワインコンシェルジュ:ワインに関する基本的な情報を身につけた人を認定する資格です。

 

本文では構成の都合上省略しましたが、SARAスクールジャパンの他に諒設計アーキテクトラーニングという通信講座会社があります。

こちらにもカフェオーナー経営士認定試験に対応した「カフェ・コーヒーW資格取得講座」があります。

この講座も基本的に「カフェオーナー講座」と同様のプランが用意されているのですが、こちらではエスプレッソマシンとサイフォンが付属していないプランがあります。

もし既にこれらの機材を持っていたり、購入したいブランドが決まっているのならこちらを検討すると良いでしょう。
カフェオーナー  カフェオーナー

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る