キッチン心理士認定試験口コミ評判

キッチン資格

キッチン心理士というものをご存知ですか?これは、キッチンは生み出すストレスや、イライラを物理的にも精神的にも解消することを目的とした日本インストラクター技術協会主催の資格です。食料やドリンクが体にもたらす作用やリラックス効果あらゆる心理的なアプローチから食事を作る環境に配慮してかつてより快適で過ごしやすい環境を提供するものです。また、地域治療の考え方や心理アプローチも同時に学び資格取得を通して得られる知識も広いです。キッチン心理士を取れば教えるという点でも他人に教えることができる能力があると認められているのでそういった立場で活躍の場を広げることもできます。 

キッチン心理士を取るメリット

この資格を取るメリットは、主婦層の方から絶大な人気を得ていることです。今、主婦の間では、キッチンに対する不満は多くそれを解消したいと思っている人は多いです。この資格をとれば、そんな主婦の悩みを解決することができます。またこの資格を取る方は主婦の方が多く、自分のキッチン周りをストレスなく整理することができます。同じ主婦だからこそ、悩みを共有することができ、同じ目線からアドバイスすることが出来るのです。この資格を取れば独立して講師として活動することもできます。

キッチン心理士の受験内容

この資格の取得にはキッチン周りの知識はストレスに対する知識は必須です。キッチン周りの知識といっても様々ですが、機械の扱い方や、裏技、収納方法など様々です。それを心理的に読み解いてストレスをなくすため、心理学の知識も必要で、覚えることは多いですが、決して不可能ではないです。

 

キッチン心理士取得に向けた勉強方法

やはり、その勉強方法はプロに聞くのが一番の近道です。今回は数あるスクールの中からひとつ、この資格取得に向けてとても、力を入れているものを紹介します。諒 設計アーキテクトラーニングです。ここは2ヵ月~6か月での資格の取得を目指します。またスペシャル講座も準備されており、なんとそれを受講し卒業すれば、試験を受けずにキッチン心理カウンセラーの資格がとれてしまうというまさにスペシャルな講座です。学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得、というプロセスを経て資格を取得します。一般講座の費用は59,800円スペシャル講座の費用は79,800円です。やはりそれなりの値段はしますが、資格取得後すぐに回収できることを考えるとお買い得ではないでしょうか。

受験方法とその後

受験料は10000円で、試験の70%以上で合格となります。また、2ヵ月に一回と定期的に開かれます。ここで、お気付きでしょうか?そうです、在宅受験ということは実技がありません。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る