スーパーフードアドバイザー口コミ評判

スーパーフード資格

【スーパーフード】という言葉を聞かない日はないほど、【スーパーフード】やそのダイエット方法が一般的になりつつありますが、「実のところどのような食品を示すのか、はっきり分からない」という方も多いと思います。スーパーフードを取り扱う専門店によれば、【スーパーフード】とは、ココナッツ、チアシード、カカオニブ、カムカム、ヘンプ(麻の実)、ブロッコリースーパースプラウトなどの食品で、共通するのは、健康な生活に欠かせない「ミネラル」「ビタミン」「クロロフィル」「アミノ酸」など、体外から摂取する必要のある栄養素を豊富に含んだ食材であること。栄養素の含有量は、日ごろ摂る食材よりも多い事を条件にすることもありますが、身近な食品も多数【スーパーフード】に該当しますよ。そして【スーパーフードアドバイザー】とは、日本安全食料料理協会(JSFCA)で注目を集めている人気資格で、【スーパーフード】の種類や概念を把握していることに加え、健康や美容に気を配った生活を送りたい方におすすめの資格です。「食育健康アドバイザー」や「ハーブインストラクター」など、健康志向の方に人気の資格試験との併願も増えており、生活習慣病の対策になる点でも話題の資格です。それでは【スーパーフードアドバイザー】の、資格取得についてご紹介しますので、詳細を見ていきましょう。

【スーパーフードアドバイザー】になるとできること

【スーパーフード】は、近年日本で話題を集めている健康食品の総称ですが、もともとはアメリカで90年代頃から流通していました。調理師や管理栄養士の仕事は、メニュー開発や実際に調理することが主な仕事内容になり、あらゆる食品を扱います。一方で【スーパーフードアドバイザー】は、普段の食事とのバランスを見ながら、日本に定着しつつある新しい概念で【スーパーフード】を取り入れていき、健康や美容を追求したい方におすすめです。【スーパーフードアドバイザー】は、「食」に関心の強い方にはピッタリなうえ、今後ますます重視される健康食品の分野で、今までにない食品やその考え方、調理方法を指導できます。新しい概念を広げていきたい方にも適した仕事なので、チャレンジ精神のある方はしっかりチャンスを掴んでいきましょう。

【スーパーフード】ポイントは食べ方や摂取期間

【スーパーフード】には、耳慣れない食品もありますが、日常的に食べている食品でも、【スーパーフード】に該当するものは意外に多いです。【スーパーフードアドバイザー】になると、どの食品をどれだけ、どのように、どのくらいの期間食べれば効果が表れるか、食生活の改善点がどこにあるかを理解していると証明できますよ。日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定試験を受け、7割以上の成績を修めれば【スーパーフードアドバイザー】資格を取得できるので、ご自身やご家族の食生活に役立てられるだけでなく、【アドバイザー】として活躍できます。日々の食事に疑問があったり、惰性で受け継がれてきた食事療法に疑問のある方は、【スーパーフードアドバイザー】として新境地を開けるはずです。

【スーパーフードアドバイザー】の認定試験

【スーパーフードアドバイザー】は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定試験を受け、合格すると授与されるものです。日本安全食料料理協会(JSFCA)は、「食」に関する資格を複数取り扱う機関で、飲料に特化した「ソムリエ認定試験」や、開業を見据え資格取得を考えている方に好評の「カフェオーナー経営士認定試験」といった、独立に有利な資格も取り揃えています。また認定試験を受けるにあたり、調理師免許など他の資格を取得している必要があったり、実務経験は一切関係がありません。これから【スーパーフードアドバイザー】になりたい方にもおすすめなので、スケジュール等をホームページでチェックしてみてくださいね。

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.asc-jp.com/test/superfoods/moushikomi/

いかがでしたか?【スーパーフードアドバイザー】は、すでに身の回りにある食材もたくさん含まれています。そう考えると、少し考え方を変えるだけで、健康や食事の在り方も変えられると分かり、新しい世界が拓けますね。日本安全食料料理協会(JSFCA)の資格なら、受験地が限定されたり、事前に講習を受ける必要はありません。平等な条件のもとで試験を受けられる点も魅力なので、このチャンスをぜひ活かしてください。
スーパーフード資格  スーパーフード資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る