ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

ドッグトレーニング

あなたは犬が好きですか?2015年の統計では全国でペットとして飼われている犬は、990万匹以上いるようです2000年初めに比べるとだいぶ落ち着いてはいますがそれでもとても多くの方が家で犬を飼っています。

さて犬を飼う時に大変になってくるのがしつけなどのトレーニングですね。きちんとしないと後々大変なのはわかっているが最初はしつけの知識を知らないので苦労します。

そんな犬好きな人におすすめのドッグトレーニングアドバイザーという資格について紹介していきます。

ドッグトレーニングアドバイザーとは?

ドッグトレーニングアドバイザーとはペットとして飼う犬についての基礎的なしつけの知識を持っていることを認定してくれる資格になります。

しつけの種類としてはアイコンタクトやハンドサインといったトレーニングやおすわりや伏せといった基礎的なものになります。これらのトレーニングを順序立てて組むことができるかも問われます。

このドッグトレーニングアドバイザーは日本生活環境支援協会(JLESA)が認定している資格となります。この資格の他にもペットトリミングアドバイザーやウォーキングアドバイザーなど10数種類もの資格を認定しています。

どれも生活に密着した資格でペットや動物に関する資格も専門に扱っています。

ドッグトレーニングアドバイザー取得後の活用

ドッグトレーニングアドバイザーはその資格の名前の通り取得後、アドバイザーとして他の人にトレーニング法を教えることができます。身近なところで一緒にペットを飼っている家族に教えて一緒に犬を育てることもできます。休日はペットの運動がてら外出して家族の時間を過ごすことができるのも魅力ですね。

またペット人口は今も多いのでしつけセミナーなどの需要も高いです。なので、自宅でドッグトレーニングのセミナーを開いて趣味を仕事にすることもできます。

資格を取得することで知識だけではなくこのように生活や仕事に活用できるのもドッグトレーニングアドバイザーの魅力です。

ドッグトレーニングアドバイザーの勉強方法

ドッグトレーニングに必要なアイコンタクトやハンドサインなどはインターネット上にもやり方は載っています。しかし、しつけのやり方もいくつかあるため、調べた知識と問題に出てくるやり方と違う可能性もあります。これを防ぐためにも勉強をする際には専用のテキストを購入するのが確実です。また実際に犬を飼われている方が多いと思われるので

覚えた知識を実際に練習することで知識のアウトプットができるため記憶が早くなります。

記憶はインプットしてから3日以内にアウトプットをすると記録しやすいと言われています。なので、積極的に覚えた知識はアウトプットしていくことで覚えていきましょう。

ドッグトレーニングアドバイザーの試験内容について

このドッグトレーニングアドバイザーは日本生活環境支援協会のホームページより申し込みをすることができます。年間を通じて応募することができ、試験も年に6回行われています。勉強が終わり次申し込みをすることができるため、独学の方にはありがたいですね。

また受験は筆記試験を在宅で行うことができます。試験会場に行く手間や試験日に合わせて仕事や家事を調整する必要がないのも嬉しいところです。さらに試験会場独特空気感がない為に試験ものびのびできるのもうれしいですね。

受験料は10000円(税込み)となっています。受験資格も必要ありません。事前に通信講座でドッグトレーニングの知識をつけることや、ペットの専門学校に通うなどの学習やペットショップなどでの実務経験もいらないです。もしも試験を受ける上で独学が不安な方は専門の通信講座もありますのでそちらを応募するとよいでしょう。

身近なペットという存在から気軽に資格取得ができるのがドッグトレーニングアドバイザーです。資格受験の手始めに初めてみるのはいかがでしょうか?
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る