マクロビ健康フードインストラクター口コミ評判

マクロビオティック

【マクロビ】は【マクロビオティック】の省略形で、玄米や野菜を主食にした食事療法です。欧米のセレブリティの間で、ダイエットとも併用するなど、爆発的な人気を集めていますが、始まりは日本の玄米食と言われ、古くからある日本の伝統食が見直された形でもあります。日本では、健康を意識する方や美容に関心の高い方、健康的にダイエットしたい方に【マクロビ】が人気になっています。【マクロビ】は、菜食中心ということもあり、ベジタリアンからも支持される食事になっていますよ。ご紹介する【マクロビ健康フードインストラクター】は、食育資格を多数取り扱っていて口コミ評判の高い、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。受験にあたり、制限なく受けられるので、「食」関連の資格を初めて取る方にもおすすめで、話題を集めています。【マクロビ】は健康的で、デトックスや生活習慣病予防にも効果的な食事なので、【マクロビ】を知りたい方が増えています。これを機会に資格を取得し、仕事に活かしたり、自分の力を人のために活かしませんか。

【マクロビオティック】を知ろう

【マクロビオティック】は、玄米や発芽玄米などを主食にした、食事療法の1つです。調味料は使用しないかわずかな使用料なので、野菜の旨味や発酵食の味わいを楽しみながら、ダイエットに役立てたり、食習慣を見直します。主に菜食中心で、欧米では低カロリー・低GI食品を取る食事療法が人気になり、芸能人や著名人が美容目的や健康効果が優れるとして日常に取り入れていますよ。もともと玄米や野菜、味噌などを使うので、日本では概念の逆輸入のような形式で、健康志向の高い方々を中心に話題を集めています。ご家族の健康が気になる方、体をすっきりスリムにしたい方から支持されるほか、【マクロビ】だけのレストランやカフェも人気なので、開業したい方や、メニュー開発をしたい方々から注目されています。

定評があって安全な【マクロビ健康フードインストラクター】の取得を

【マクロビ】は、資格がそれほど多いわけではなく、資格取得にかこつけて、高額な講習費用を請求されたり、子弟制で資格を引き継ぐために予想以上の金額が掛かるケースがあります。【マクロビ】は世代を超えて実践される健全な食事療法なので、定評があり、受験しやすい資格を取得するのが良いでしょう。【マクロビ健康フードインストラクター】とは、「食」のパイオニアである日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格。資格を取得し、就職や転職に役立てたり、開業を目指している方、インストラクターとして講師活動を行いたい方向けの実用的な資格です。

【マクロビ健康フードインストラクター】の認定試験

【マクロビ健康フードインストラクター】は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定試験を受け、合格した方に資格を認定しています。制限がないので、どなたでも受けられ、実務経験なども必要なく、認定試験で実力を証明するだけです。在宅受験できるので、期限までに解答用紙を返送すればよく、受験の機会は年に6回、2カ月に1回ほどの割合であるので、スケジュールを組みやすい点も口コミ評判を集めていますよ。

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.asc-jp.com/test/macrobiotic/

いかがでしたか?実は、日本では身の回りにある食品をたくさん使う【マクロビ】の世界。【マクロビ】を知ると、和食がいかに素晴らしい食事であるかを再認識する機会にもなります。【マクロビ健康フードインストラクター】は、健康や美容のため、デトックスや、健康的な体重制限にも有用な資格です。すでにカフェや料理教室を開いている方や、調理師や栄養士がスキルアップで取得するケースもあります。日本安全食料料理協会(JSFCA)の資格なら、受験地が限定されたり、事前に講習を受けたり、資格の更新が必要ということもなく、良心的な費用設定が資格を取得しやすいと評判です。【マクロビ】という新しい世界をひとりでも多くの人に広めたり、ご自身やご家族のために【マクロビ】を活かしていきましょう。資格があれば、周りからの信頼も厚くなり、【マクロビ健康フードインストラクター】は、講師資格でもあるので、マクロビを“教える”ことも仕事にできますよ!
マクロビオティック資格  マクロビオティック資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る