リフレクソロジー資格人気徹底比較

リフレクソロジー

リフレクソロジーとは、足の裏に存在する反射区を刺激することで体の様々な不調を改善する技術になります。
足つぼと同じように扱われることの多いリフレクソロジーですが、あくまでリフレクソロジーは反射区に関する知識「反射学」に基づいて作られた技術になります。

これらの具体的な違いを知っている人は少なく、リフレクソロジーに関する資格を持っている人はさらに少ないです。
ストレスの多い現代社会を生きている現代人には、身体だけでなく心も疲れているので必要に応じてリフレクソロジーの技術を用いて、疲労を回復させる必要があります。

自分の健康管理の為に、知識を学びたい方やご自身の周りの方の為に技術を得たい方、将来的にプロとして活動する為に資格を取得したい方。
多くの需要にこたえられる資格をこちらで徹底比較形式で紹介させて頂こうと思います。
初めての方でも気軽に取り組めるものが多いので、こちらの中から取得したい資格を選んでみませんか?

人気 リフレクソロジーjp

一番最初に紹介させて頂くのは、日本メディカル心理セラピー協会が認定する「リフレクソロジーjp」です。
リフレクソロジーjpの資格を取得する為に、リフレクソロジーの原理や技術、具体的な行い方、リフレクソロジーに役立つ医療知識など様々な知識を学ぶことが出来ます。
こちらの資格取得は、将来的にプロのリフレクソロジーjpとして活動する為に必要なる知識を取得したという証明になるので、プロとして活動したい方は取得しておくことで将来的な活動に繋がるかもしれません。

プロになる気はないという人でも、ご自身の健康管理や親族の健康管理にリフレクソロジーの技術と知識は非常に有益なので、健康管理の一環として知識を身につけるのも良いでしょう。
もちろん、人に技術や知識を教える際に有資格者であることが、根拠にも繋がるので受け入れてもらいやすくなると思います。

カルチャースクールでの講師活動や、自宅開業などの選択肢もございますので資格で得た知識と技術の活かし方は非常に多方向に延びています。

受験資格は必要ありませんので、まったくの初心者でも問題なく受験に挑めます。
受験料は10000円になります。
試験全体の内7割以上の評価獲得で、合格と判断されるので試験前にはカリキュラムのテキストをしっかりと読み解いておきましょう。

リフレクソロジスト

2番目に紹介させて頂くのは、日本インストラクター技術協会の「リフレクソロジスト」になります。
こちらでは、リフレクソロジーに関する知識を身につけながら将来的にそれらの知識を人に教えるために必要な知識を学ぶことが出来ます。
インストラクターとして活動したい人は、こちらの資格を取得することでご希望の将来の選択肢を選びやすくなると思います。
人気で紹介させて頂いた、リフレクソロジーjpと同様に受験資格はございません。
受験料も同じ10000円、合格基準も7割以上の評価となっておりますので初めての方でも楽しみながら資格取得を目指して頂けます。
非常に良質な資格ですので、自分のペースで資格を取得したい人はこちらを受験してみましょう。

リフレクソロジスト資格 | 日本能力開発推進協会

3番目に紹介させて頂く資格は日本能力開発推進協会のリフレクソロジストになります。
こちらの資格では人間の体の仕組みを理解した上で、リフレクソロジーの知識を合わせて学ぶことが出来ます。
身体の仕組みを理解した上で、技術を学ぶことで自信をもって施術を行えるようになります。
リフレクソロジーのプロとして活動を希望する方は、こちらの資格を取得すると良いでしょう。
あまり取得したい資格にこだわりがない人は、無難に人気やの資格を取得すると良いかもしれません。

一般社団法人 ITSA認定英国式リフレクソロジスト

4番目に紹介させて頂く資格は一般社団法人 ITSA認定英国式リフレクソロジストです。
こちらでは、リフレクソロジストとして活動する際に必要になる知識を1から学ぶことが出来るカリキュラムが用意されています。
しかし、学ぶことが出来る内容は人気のものとあまり変わりがありませんのでわかりやすさやマイペースに学習できるという点をお求めの方は、人気のリフレクソロジーjpを受験する方が良いかもしれません。

リフレクソロジー・プロライセンス実技士資格

最後に紹介させて頂く資格は、日本ヒーリングリラクセーション協会のリフレクソロジー・プロライセンス実技士資格になります。
こちらでは、反射学(リフレクソロジーに必要なる反射区の知識)を学ぶことで、リフレクソロジーのプロライセンスに繋がる知識を学ぶことが出来ます。
1からしっかりと知識と技術を学びたい、プロライセンスが欲しいという人にお勧めの資格となっております。
初心者の方にもオススメ出来る資格ですので、ご興味をお持ちの方は1度挑戦してみてはいかがでしょうか。

リフレクソロジー資格取得通信教育講座  リフレクソロジー資格取得通信教育講座

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る