レターライター口コミ評判

手紙の書き方

レターライターという資格を知っていますか?これは、日本デザインプランナー協会主催の資格です。現代ではスマホやSNSの発達により、手紙を書くという習慣は薄れてきました。手紙を書くということは、スマホでメッセージを送るよりも何倍も書き手の気持ちが伝わり、送られてきたほうは気持ちがよいものです。今でも一部の企業などでは、手紙で取引先に感謝の気持ちを表したりするという習慣はあるところもあるようですが、減少傾向にあります。外国人の中には日本語は美しい言語であるとして正しい日本語を学びたいと思い、日本語を勉強している人も少なくありません。レターライターはそんな時にさらっとペンを取り正しい日本語で手紙を書くことが出来ると日本デザインプランナー協会によって証明された資格なのです。

 

レターライターを取るメリット

この資格を取るメリットは正しい日本語を身に付けることが出来るということです。正しい日本語を話している人はかっこいいですね。この資格を取得すれば、正しい日本語が喋れるようになったという証ですし、それを用いて手紙を書くこともできるのです。SNSが発達したこんな時代だからこそ、手紙をかくことによってその良さや気持ちが一層際立って伝わることでしょう。また資格取得後は独立して講師として活動することもできます。正しい日本語を学びたいと思っている外国人は多いため外国人と関わる機械も多くなることでしょう。

 

レターライターの受験内容

この資格取得するには手紙の種類や正しい書き方、また正しい敬語の使い方や相手に合わせた書式の使い分けなどの知識を学ぶ必要があります。

 

レターライター取得に向けた勉強方法

やはり、その勉強方法はプロに聞くのが一番の近道です。今回は数あるスクールの中からひとつ、この資格取得に向けてとても、力を入れているものを紹介します。諒 設計アーキテクトラーニングです。ここは2ヵ月~6か月での資格の取得を目指します。またスペシャル講座も準備されており、なんとそれを受講し卒業すれば、試験を受けずにキッチン心理カウンセラーの資格がとれてしまうというまさにスペシャルな講座です。学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得、というプロセスを経て資格を取得します。一般講座の費用は59,800円スペシャル講座の費用は79,800円です。やはりそれなりの値段はしますが、資格取得後すぐに回収できることを考えるとお買い得ではないでしょうか。

 

受験方法とその後

受験料は10000円で、試験の70%以上で合格となります。また、2ヵ月に一回と定期的に開かれます。ここで、お気付きでしょうか?そうです、在宅受験ということは実技がありません。なので、受験方法は自宅でオンライン受験になります。手続きから受験、資格の付与まですべてオンラインで解決してしまうので、時間のないサラリーマンや交通費のかかる地方の方にはとてもいいですね。先ほど少し説明しましたが資格取得後は、様々な業種に従事することができその幅も広いです。また、就業形態としては、事業所に雇用されるだけでなく独立して講師業をすることもできます。
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る