健康リフレクソロイーインストラクター認定試験の口コミ評判

リフレクソロジスト認定試験とは、身体のリフレクソロジー(反射区)を利用し、健康を維持・増進させるため、足の裏や手、耳からつながる全身の反射区の知識を持つ人に与えられる資格です。

この資格を取得することができれば、知識を利用して臓器等の身体機能を回復させ、リラックス効果も発揮させる技術を学ぶことができます。また、頭や手足、耳等の身体の末端の反射区の場所を正確に刺激することで高い効果を得ることができます。

認定試験の概要

【受験資格】誰でも受験可能

【受験料】10,000円

【受験申請】インターネット申し込み。奇数月の1日~30日。

【試験期間】偶数月の20日~25日

【受験方法】在宅での受験

【合格基準】全体の7割以上の評価

【合否】2か月後の20日

健康リフレクソロジー認定試験は、取得すると、リフレクソロジーを目的とした医院で働くことはもちろん、リフレクソロジーを教える講師として通信教育や講義の場で活躍できます。

在宅での受験ですので、堅苦しさはあまり感じず、肩の力を抜いて受けることができると思います。

身体についてということですので、実際に自分の体を使って実践することも可能ですし、体の内側から健康を培っていきたいと考える人は少なくないでしょう。

健康に役立つものなので、この先役に立つことが多い資格になると思います。

また、偶数月の受験ということで、年間で計6回の受験が可能なので、自分のペースで勉強し、自分のタイミングで受験できることも魅力のひとつです。

認定試験の口コミ

リフレクソロジスト認定試験の口コミは好評です。

理由は、現代の人々が健康について深く考えるようになったことが考えられます。

特に年配の方を中心に健康や医療について興味を示す人は多く、小さな小売店の片隅のスペースを使って講義を開いている人もいます。また実際に自分自身でこういったマッサージができるようになりたいと考え、資格を取得する人もいます。

また、最近では美容やダイエットのために接骨院や足つぼマッサージへ行く人も多く現れるようになり、リフレクソロジーを利用したマッサージの需要も高くなってきています。

ストレス社会とも呼ばれるようになった現代社会ですが、リフレクソロジーによる反射区を使用したマッサージで胃もたれ、むくみ等の代謝に関するトラブルや腰痛、肩こり等の疲労からくる身体的ストレスも緩和することができます。

リフレクソロジストに向いている人の特徴

・健康について興味・関心がある人

普段から自分の健康についてよく考えることがあり、様々な健康法を身に付け、試したいと思っている人。こういった人であれば、自分のためはもちろん、自分以外の人にもマッサージをしてあげることができます。

・人と話すのが好きな人

インストラクターであれば人と話すことは必須条件ではありますが、リフレクソロジストの場合は、マッサージをしている際にも世間話をしたり、マッサージを受けに来た人の近況から体の状況を知る必要があります。人と話すことが好きな人であればこういったことも苦にならずに進められるのではないでしょうか。

認定試験に合格したその後

・リフレクソロジーマッサージ師として働く

マッサージ店等でリフレクソロジーを利用したマッサージ師として働くことができます。この資格を持っていればそういったお店では即戦力として勤務できると思います。

・講師として活動する

リフレクソロジーによるマッサージでのポイントや方法、それによって体にどういった影響や効果が出るかを紹介する講師として、通信教育やカルチャースクールで働くことができます。

・自身にマッサージする

資格を取得することができれば、職業で生かすだけでなく、もちろん自分にもマッサージすることができます。趣味として健康増進したい人が資格取得を目指す例も少なくはありません。

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る