収納マイスター認定試験口コミ評判

収納

収納マイスターの資格は「片づけられない」を解決する「収納の達人」な人を認定する資格です。

日本生活環境支援協会が主催している認定試験に合格する事で資格を取得する事が出来ます。

「片づけなければ・・・」と思いつつも、気づけば散らかっていたり、片付くどころか余計に散らかっていたり・・・。

「せっかく片付けたのに気づけばまた散らかってしまった・・・」など。

なかなか思い通りに行きませんよね。

この収納マイスターの資格は試験だけではなく、通信講座とも連携しているので一から収納について学びたいという人も安心ですよ!

あなたも収納について勉強して資格取得を目指してみませんか?

今回はこの資格について受験の概要や通信講座を紹介します!

 

1.収納の知恵

押入れの収納について

押入れをあなたは使いこなせていますか?

ぎゅうぎゅう詰めになってしまいやすい押入れですが、正しく使えばスペースを有効に活用できますよ!

今回は押入れの効果的な使い方について「ちょっとだけ」紹介します。

その1.「天袋」

手が届きにくい場所であるため、普段ほとんど使わないものを収納します。

ただ詰め込んだだけでは物がどこにあるか分かりづらくなる為、見分けがつくように整理しておきます。

その2.「上段」

天袋とは違い、使いやすい場所なので良く使う物を収納します。

引き出しケースなどの収納グッズを使うと便利に収納する事が出来ますよ!

その3.「下段」

下段は「手前が使いやすく、奥は使いにくい」という特性があります。

なので、手前には良く使う物を置いて、奥には時々使う物か、天袋同様にほとんど使わないものを収納します。

キャスター付きの収納グッズを使えば便利に利用できますよ!

 

2.通信講座の紹介

1.収納マイスターが学べる通信講座

収納マイスターについて学べる通信講座を紹介していきます。

老舗の通信講座会社である諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座」と、女性向けのコンテンツが充実しているSARAスクールジャパンの「収納上手講座」です。

前述のとおり、これらの通信講座はただ学べるだけではなくて「収納マイスター認定試験」の試験対策として有効なんです。

2.「整理収納インストラクター認定試験」にも対応!

「整理収納インストラクター認定試験」は日本インストラクター技術協会が主催する認定試験です。

この資格は、整理収納術を身につけて快適な生活環境を構築する事の出来る人を認定する資格です。

同時にふたつの試験対策が出来るお得な通信講座という訳ですね。

3.試験を受けずに資格が取得できるプランについて

これらの通信講座には卒業試験を提出する事で、本来合格する必要のある協会の認定試験をパスすることの出来るプランがあるんです。

多少受講料が上がってしまいますが、試験の結果を気にする事もなく勉強に専念する事が出来るのでおすすめですよ。

 

3.受験概要

受験資格:特になし

受験料:10000円

試験の申し込み方法:日本生活環境支援協会のホームページから受け付けています。

試験の形態:在宅による受験

合格基準:全体の70%以上の正答率を得る

 

4.試験を受けるまでの流れ

①日本生活環境支援協会のホームページにある「資格認定制度→収納マイスター認定試験」か、「受験申込み」のページから申し込みます。

②試験問題など、必要資料が送付されてくるので、受け取り時に受験料を代金引き換えで支払ってください。(現金・クレジットカード・デビットカードに対応)

③試験は在宅で行います。指定された方法で試験の解答を行ってください。

④解答後は提出期限までに同封の返信用封筒にて送り返します。

試験後は・・・合格基準を満たしていれば見事合格です!

収納  収納

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る