和菓子パティシエ認定試験口コミ評判

和菓子

日本の伝統的なお菓子である「和菓子」。日本の方はもちろんいまや和食と共に世界的に注目をあびているスイーツでもあります。和菓子はバターやクリームなどの高脂肪分を含む材料を基本的に使いません。なので、ヘルシーなお菓子としても注目をあびています。

今回はそんな和菓子について、製造法から郷土特有のものまでの知識をつける事ができる、和菓子パティシエ認定試験について紹介していこうと思います。

和菓子パティシエとは?

和菓子パティシエとは和菓子についての知識はもちろんの事、日本各地の郷土の和菓子についての知識も持ち合わせていることを認定する資格となっています。

例えばみなさんはお汁粉とぜんざいの違いはわかりますか?なんとこれは関東と関西で区別の仕方が変わってくる和菓子なのです。このように郷土ごとに違いがある和菓子についての知識なども問われる資格になっていきます。

この和菓子パティシエ認定試験は日本生活環境支援協会(JLESA)という協会が認定しています。この協会は主に生活に関する様々な資格を認定している協会になります。取り扱っている資格も10種類以上と幅が広く資格試験において信頼できる協会となっています。

どんな人が取得しているの?

取得している方はやはり和菓子が大好きな方が多くを占めています。またこの資格は和菓子の歴史にも深く精通していくことになるので歴史が好きな方受験者の方に目立ちますね。和菓子の文化や全国各地の郷土の和菓子についても知識がつくので旅行が好きで全国に飛び回るような方からも人気を博しております。

さらにお仕事でこれから和菓子に携わっていこうという方も知識をつけるという意味で受験される方も多くいます。自分の趣味や仕事に動機づけられる方が多い資格でもあります。

和菓子パティシエ認定試験の評判は?

この資格を受験された方からの評判はどれも高いものが多くなっています。

評判が高いものの理由に勉強が独学で行いやすいという事があげられます。独学で勉強する上で歴史や文化などと通常であればハードルが高いものですが、和菓子という自分の好きなものであるというのがアドバンテージになっているために勉強がしやすくなっています。更に受験資格に通信講座や専門学校の通学などが必要ありません。なので、独学で受験をしたい方にとってはお金や時間の制約がないのも評判の高い理由となっています。ただし、独学の方は正しい知識をつける意味でもテキストの購入がおすすめです。インターネットだけでも受験が出来ないことはありませんが、専門的な内容になってくるためテキストを購入するのが安全でしょう。

また人気の理由に活躍の幅が広がるというものもあります。自宅で和菓子のセミナーを開くようになったという方の声も聞きますし、この資格がきっかけで和菓子作りに実際に携わるようになったという方もいらっしゃいます。気軽に取得ができ、活躍の幅が広がるという事が評判をあげる理由になっているようです。

和菓子パティシエ認定試験の試験方法は?

この資格は受験方法が在宅になります。みなさん試験と聞くと試験者が一か所に集まって一斉に受験するというイメージがありませんか?実際に漢字検定などで受験された方は分かると思いますが、試験会場での受験は緊張して本来の力が出しにくいですよね。在宅受験であればそのような心配は一切ありません。自宅という普段勉強しなれたスペースで受験が出来るので緊張感も軽減されますし、時間と場所を選ばない為気軽に受験ができます。

受験料は10000円(税込み)で受験の申し込みはインターネットからできます。申し込み方法や受験日程等の詳しくは日本生活環境支援協会のホームページに書いてありますのでチェックしてみてください。

受験資格も必要なく気軽に受ける事ができるのが和菓子パティシエ認定試験の魅力です。ぜひ資格を取ろうと思っている方はこの資格から始めてみるのはいかがでしょうか?
和菓子  和菓子

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る