和菓子資格人気徹底比較

和菓子

見た目も味も楽しめる日本特有の和菓子。

日本に住む私たちにとって、和菓子を食べる機会は多く、ちょっとした手土産やお礼などにも度々見かけます。

昔から身近にあり親しみのある和菓子を、より一層楽しみ、知識や技術として身につけられる資格があることをご存知でしょうか。特に、菓子好きの方や菓子に携わる仕事をされている方の強い味方となるおすすめの資格です。では、どういった資格があるのか、徹底比較形式にしていくつかご紹介致します。

人気 和菓子ソムリエ

和菓子の種類や道具、材料に関しての知識を有する、日本安全食料料理協会が認定する資格となります。

和菓子といっても、生菓子や半生菓子、饅頭、打ち物など様々な種類があります。材料においても、和三盆や上白糖など種類が豊富です。

和菓子の特徴をひとつひとつ理解することができるので、それぞれの和菓子に使う材料の違いや、道具の使い分けに関する知識を身に付けることができます。

また、ご当地名物の和菓子や、古代から現代に至るまでの和菓子の歴史など、とても幅広い知識を有します。

和菓子の知識を深め知識が広がることで、楽しみ方の幅が広がるので、和菓子好きの方にはぜひ取得してほしいおすすめの資格です。

難易度の高い資格にはなりますが、その分、知識が深く、信頼のもてる資格といえるので、販売業務などのお仕事でも十分に活かすことができるでしょう。

和菓子パティシエ

和菓子の特徴を学ぶだけでなく、日本文化の歴史と共に変化を遂げてきた和菓子の知識や、日本各地の郷土和菓子に関する知識などを有する資格です。

日本文化は様々な歴史を経て現代へと続き、今に至っています。和菓子も日本文化の移り変わりと共に、その時代その時代の良さを経て変化してきました。

いつから和菓子が作られるようになり、どんな人が食べていたのかなど、和菓子の深い歴史は知ることができます。

とにかく日本文化が好きで、歴史を把握した上で和菓子を楽しみたい方や、季節や行事に合わせた和菓子選びをしたいという方におすすめの資格となっています。

認定試験は、日本生活環境支援協会が行っています。ぼたもちとおはぎの違いなど、少しの違いに関する内容も問われるので、より高い和菓子の知識が身に付きます。

和菓子選びの際にも、深い知識の中からより適したものを選定することができるようになるので、楽しみ方もより一層充実するでしょう。

 菓子製造技能士

菓子製造に関する知識と技能を幅広く有する、国家資格です。

洋菓子製造作業と和菓子製造作業があり、それぞれ1級2級とランクが分けられています。

試験では、菓子や食品に関する知識、菓子の製造工程、製造に必要な機械の使い方の把握や特徴、計算で材料の数値で示す力など、幅広く試されます。

技術面では、感性を活かし美しく仕上げるテクニックも重要となります。

実務経験を積んだうえでの受験となるので、すぐに取得するのは難しい資格です。

しかし、様々な職種に精通しており信頼のある資格なので、ある程度菓子製造の経験を積んだら、取得を目指すことをおすすめします。

知識だけでなく技術を高め、社会で大いに貢献できる資格となるでしょう。

製菓衛生師

衛生面で気を付けるべきことをきちんと把握し、安全性の高いパンや菓子の製造ができる、資質向上を目的とした国家資格です。

菓子作りに必要なのは、美味しいものを作るという技術や知識だけではありません。

食中毒を起こさないためにも、清潔な環境で安心して食べられる菓子作りをすることが最も大切だといえます。確実な安全性を確保したいという製造者が増え、ニーズが高まり、とても注目されている資格です。

食の信頼を高めるためにも、資格取得を目指してみましょう。
菓子に関する様々な資格を知って頂けたのではないでしょうか。

菓子をより楽しめるようになる親しみやすい資格から、本格的な知識や技術が学べるものまで内容も様々です。どれも菓子好きにとって必ずプラスになる資格となっていますので、ぜひ資格取得を目指してみましょう。
和菓子  和菓子

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る