和食資格人気徹底比較

和食資格

和食資格人気徹底比較

「和食」が今、世界で一大ブームをまき起こしており、世界の和食レストランの数は、2006年から2015年にかけて3倍以上に増えているそうです。
外国人に人気の和食は、これからオリンピックイヤーに向けてますますブームとなっていくと思いますが、実は和食人気は外国人だけにとどまりません。
未婚男女400名を対象に、JA全農は、全国の20~30代の一人暮らしの方に料理と恋愛について、意識調査をおこないました。
すると、女性が作りたい料理の1位は「カフェごはん」でした。
ところが、男性が女性に作って欲しい料理の1位は「和食」だったのです。
また、男性は料理上手な女性を結婚相手に求めているということも判明しました。
外国人にも日本人男性にも人気の和食!
今回は和食資格を徹底比較します。

1位 和食ソムリエ認定試験

日本安全食料料理協会が和食ソムリエとして基本的な和食の知識・技術・技能を有していることを認定します。
道具の種類、料理に関する十分な知識が必要です。
この資格の取得によって自宅、カルチャースクール等で講師をするなど和食のエキスパートとしての活躍が期待されます。
受験資格は特になく、インターネットで在宅受験が可能です。
合格には70%以上の評価が必要です。
https://www.asc-jp.com/test/japanfood/

2位 日本料理ソムリエ試験

日本インストラクター技術協会により、日本料理に関する知識を有し教える能力を身につけていること認定されます。
季節料理レシピ、懐石料理の知識、レシピを構築するスキルが必要です。
受験資格は特になく、インターネットからの申込みで在宅受験が可能です。
合格には70%以上の評価が必要です。
https://www.jpinstructor.org/shikaku/nihonryouri/

3位 和食検定

日本ホテル教育センターが実施する和食検定は、日本の食文化を正しく理解しているかどうかを計る検定試験です。
・正しく伝えるための基礎知識の普及
・和の食文化を継承し発信していくために必要な専門知識と実務知識
筆記試験でこれらの能力を測ります。
和食を日本の文化として、知っておきたい基本的なことがらをおもてなし現場や日々の生活の中で生かせるよう試験は作られています。
和食検定は、初級レベル、基本レベル、実務レベルに分かれています。
初級レベルの出題数は100問でその正解率で1級から3級までの認定をします。
基本レベルと実務レベルの出題数は200問で、正解率によって1級と2級の認定を受けます。
問題形式は4択問題です。

4位 和食マイスター

日本野菜ソムリエ協会が実施する講座で、和食の歴史や特徴、そして調理や作法、マナーなどの幅広い知識を身につける養成講座です。
マイスターコースでは、和食の歴史、文化、マナーなどの基本を学ぶことによって和知識の幅を広げます。
和食の歴史、文化、マナーなどの基本を学び、和知識の幅を広げ、日常的に和食を楽しむことができることを目指すコースです。
コースを受講した後、筆記試験に合格してマイスター資格を取得することができます。

5位 和食アドバイザー検定

献立の内容のみにとどまらず、食材や調理法、食べ方、礼儀作法、食器、食の環境まで含めた「文化」と「歴史」。
「和食」の知識・技術習得によって、魅力と素晴らしさ人に伝えられる人材を育成する検定です。
『ジュニア和食アドバイザー検定』
公式テキスト「和食の基本がわかる本」で学習します。
その後在宅受検します
『和食アドバイザー検定実技講習会』
ジュニア和食アドバイザー資格の取得後に講習を受けます。
18時間の講習を受けてから修了試験があります。
和食資格人気徹底比較、いかがでしたでしょうか?
ご興味を持って頂けたら本当に嬉しいです。
和食  和食

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る