園芸インストラクター認定試験口コミ評判

ガーデニング

園芸インストラクターの資格は、園芸についての知識を身につけ、ガーデンの図面の設計や施工をすることの出来る人を認定する資格です。

この資格を取得するには日本インストラクター技術協会の主催する認定試験に合格する必要があります。

日本の土地は人口に対して狭く、一軒が使える範囲は少ないです。

その為、玄関先や駐車場の手前などにガーデニングスペースを設けて限られた土地を有効活用している家庭が多いです。

通りすがりに綺麗に整えられた色とりどりの花壇を見かけると心地よい気分になりますよね。

 

けれどこうした園芸は初心者にはなかなか難しく、特に維持するのが大変です。

もし自宅に菜園を作るのなら、ちゃんと園芸について勉強した上で臨みたいものですね。

そこで、園芸について手軽に学べる通信講座をご紹介したいと思います。

今回紹介する通信講座では、冒頭に紹介した「園芸インストラクター認定試験」の試験対策としても活用することの出来る便利な教材となっています。

ぜひ園芸について勉強して、資格を取得してみてください!

今回はこの資格について受験の方法や通信講座の詳細を紹介していきます!

 

1.受験の概要

受験資格:特になし

受験料:10000円

試験の申し込み方法:日本インストラクター技術協会のホームページから受け付けています。

試験の形態:在宅による受験

合格基準:70%以上の評価取得が条件

 

 2.受験から合格まで

①日本インストラクター技術協会のホームページにある「資格認定制度→園芸インストラクター認定試験」か「受験申込み」のページから申し込みます。

②必要な資料が送付されてくるので受け取り時に受験料を代金引き換えで支払います。(現金・クレジットカード・デビットカードに対応)

③試験は在宅で行い、指定された方法で試験問題の解答をします。

④解答後は提出期限までに同封の返信用封筒にて送り返してください。

試験終了後は・・・合格基準を満たしていれば合格です!

 

3.園芸について学べる通信講座について

1.ふたつの通信講座の紹介

諒設計アーキテクトラーニングの「ガーデニングアドバイザーW資格取得講座」、SARAスクールジャパンの「ガーデニングプランナー講座」の2つが園芸について学べる講座です。

これらの通信講座では園芸インストラクターの試験内容に合わせたカリキュラムが組まれていますので、園芸について学びつつ、試験対策を完了させることが出来ます。

早く勉強したい人は最短2か月でカリキュラムを終了させることが出来るようになっていて、逆にじっくり勉強したい方は6か月みっちり勉強する事も可能です。

自分に合わせた学習方法を選択する事が出来るという訳ですね。

2.「ガーデニングアドバイザー」の資格試験の対策が出来る

「ガーデニングアドバイザー」とは、ガーデニングについての知識や技術を有している人を認定する資格です。

取得するためには、日本生活環境支援協会の主催する認定試験に合格する必要があります。

園芸インストラクターと一緒に試験対策が出来るので、併せて取得すると良いでしょう。

3.資格を確実に取得する方法

これらの通信講座では通常のコースに加えて、上級のコースが用意されています。

この上級コースを受講すると、資格を取得するために通常は受ける必要のある協会の認定試験をパスして資格を取得する事が出来ます。

多少受講料が高くなってしまいますが、確実に資格を取得できるメリットは大きいので検討してみてくださいね。
ガーデニング  ガーデニング

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る