実践建築模型認定試験口コミ評判

模型

日本デザインプランナー協会が行う「実践建築模型認定試験」で取得できる資格は、建築模型について正しい知識と技術を持ち合わせた人に対して認定される資格です。

建築模型と言うのは、その名の通り建物などのミニチュアの模型の事を指します。
そのような模型の愛好家がたくさん居ることは有名ですが、実際に建築模型はどのような事に用いられるのでしょうか。

今回は建築模型がどのような事に用いられているのかという話を踏まえながら「実践建築模型」の資格がどのように役に立つのかを紹介していきます!

 

1.「実践建築模型とは?」

建築模型の用途は、愛好家の観賞用だけではありません。
建築模型は、主に何かの建造物を建築する前の段階、「プレゼンテーション」などでクライアントや企業に完成図をよりわかりやすく説明する時に用います。
設計図やイラストなどで紹介するという方法もありますが、それだけではなかなかスムーズに意図が伝わらない恐れがあります。
例えば、設計図だけだと具体的な完成のビジョンが視えずらい欠点があります。
一方、イラストだけだと細かい内容が読み取りづらいです。

建築模型では先に紹介したどちらの方法のメリットを組み合わせたような表現が出来るため、より完成品に近いイメージを伝えることが出来るというわけですね。

 

2.どのような人向け?

それでは、「実践建築模型」の資格はどのような人が取得すると良いのでしょうか?
まずは、建築関係の仕事に就きたい方ですね。設計図を書くのは当然ながらこうした建築模型を用いて説明するという技術は必須です。
また、展示会などで使われるこうしたミニチュアの模型を作る仕事をしたいという方やイラストレーター・漫画家を目指す方も持っていると役立ちますね。
絵として少し複雑な構図の建物を表現する時に簡単な模型を製作する技術を持っていると、円滑に作画をする事が出来ます。

 

3.「日本デザインプランナー協会」について

建築模型についての内容が分かった所で、まずは試験を実施している「日本デザインプランナー協会」について簡単に紹介します。

冒頭でも少し触れましたが、日本デザインプランナー協会はデザインについての各スキルが一定水準以上備わっている人を認定する資格を取り扱っています。
なぜそのような取り組みをしているのかと言うと、それは社会においてそれらの能力を持った人が3者に適切に評価して貰える為の尺度として資格を用いる為です。
また、資格取得を目標とする事により技術向上をする事も目的としています。

つまり、資格を取得する事で専門外の人に手早く能力を理解して貰える基準として活用したり、志望者が資格取得を目指すことで能力を向上する効果を期待している訳ですね!
 

4.勉強方法について

自力でインターネットを検索したり、書物を読み漁るのも良いですが、効率的な勉強方法があります。
数々の通信講座を取り扱っている「諒設計アーキテクトラーニング」の「建築模型・住宅模型デザインコース」では、この試験に対応したカリキュラムが組まれています。
こちらの講座を受講すれば1からでもしっかり建築模型についての勉強も出来て試験対策も完了できるという訳ですね!
また、卒業と同時に資格が取得できるというプランも用意されているので確実に資格を取得したいという方はそちらを検討してみると良いでしょう。
 

まとめ

いかがでしたか?
建築模型は趣味から仕事まで幅広く利用する事が出来るので、ぜひ身につけておきたいスキルですね。
以上、日本デザインプランナー協会の実践建築模型についての口コミ評判でした!
建築模型・住宅模型資格  建築模型・住宅模型資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る