家庭菜園士口コミ評判

家庭菜園

家庭菜園士というものを知っていますか?これは、日本インストラクター技術協会主催の資格です。最近ベランダを緑で飾っていたり、グリーンカーテンを施している家を見たことがある人も多いのではないでしょうか。近年、地球温暖化などの影響により、野菜の値段は急上昇しています。そこで、なら自分で作ってしまおうと考え広まっていったのがこの家庭菜園です。今では家に庭がなくてもマンションなどのベランダですることもできますし、昔に比べ手間のかからない樹種なども増えてきているので、初心者でも手軽に始めることができるようになってきています。手間がかかることもありますが、それが日々のストレス発散になったりと楽しみながら家庭菜園をしている人も多いようです。しかし、せっかく植えてみても枯らしてしまったり、うまく育たなかったりしたら悲しいですよね。そこでこの家庭菜園士の資格をとれば家庭菜園における正しい知識と技術が身につけられているので枯らすなどという心配もなく、同じ悩みをもった人達に教えることもできるのです。

 

家庭菜園士を取るメリット

この資格を取るメリットは片手間でできるという点で、副業にもってこいということです。なにも一日中家庭菜園をしている人はそういないでしょう。本業をしながら、片手間で、菜園することができるため、本業をしながら続けることができます。この資格をとれば独立して講師として活動することもできます。

 

家庭菜園士の受験内容

この資格を取る上で必要なスキルは家庭菜園における知識です。その中には水のやりかたや育成場所、また使う道具や機材の使用方法など様々です。

家庭菜園士取得に向けた勉強方法

やはり、その勉強方法はプロに聞くのが一番の近道です。今回は数あるスクールの中からひとつ、この資格取得に向けてとても、力を入れているものを紹介します。諒 設計アーキテクトラーニングです。ここは2ヵ月~6か月での資格の取得を目指します。またスペシャル講座も準備されており、なんとそれを受講し卒業すれば、試験を受けずにキッチン心理カウンセラーの資格がとれてしまうというまさにスペシャルな講座です。学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得、というプロセスを経て資格を取得します。一般講座の費用は59,800円スペシャル講座の費用は79,800円です。やはりそれなりの値段はしますが、資格取得後すぐに回収できることを考えるとお買い得ではないでしょうか。

 

受験方法とその後

受験料は10000円で、試験の70%以上で合格となります。また、2ヵ月に一回と定期的に開かれます。ここで、お気付きでしょうか?そうです、在宅受験ということは実技がありません。なので、受験方法は自宅でオンライン受験になります。手続きから受験、資格の付与まですべてオンラインで解決してしまうので、時間のないサラリーマンや交通費のかかる地方の方にはとてもいいですね。先ほど少し説明しましたが資格取得後は、様々な業種に従事することができその幅も広いです。また、就業形態としては、事業所に雇用されるだけでなく独立して講師業をすることもできます。
ベランダ菜園資格  ベランダ菜園資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る