建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

模型

日本インストラクター技術協会が主催する「建築模型技工士インストラクター認定試験」で取得できる資格は、様々な建築模型に精通した人に与えられる資格です。

建築模型と言えば家の設計図を視覚的にも分かりやすくするために用いる物ですよね。

子供の時によく遊んだミニチュアの電車を思い出します。

世界遺産をミニチュア化した東武ワールドスクウェアもこのような作品を取り扱っていますよね。

仕事で建築模型を扱う人もいれば、趣味としてミニチュアの家や街を作って楽しむ方もいるのではないでしょうか。

我々が普段利用している建物はとても大きいサイズですが、それを小さく凝縮した模型はまるで自分が小人の世界を覗いているような、逆に自分が大きくなったような不思議な雰囲気を楽しむことが出来ます。

そんな建築模型の世界に触れてみませんか?

今回は日本インストラクター技術協会の「建築模型技工士インストラクター」の資格について紹介します!

 

 1.「日本インストラクター技術協会」とは?

まずは資格試験を主催している「日本インストラクター技術協会」について簡単に説明しますね。

「日本インストラクター技術協会」とは、さまざまな分野において一定以上の能力を有する人に対しての資格を取り扱っています。

資格を取得する事で各分野の社会的な地位を確立すると共に技術の向上についても目的としています。

「社会的な地位」とはどういうことなのでしょうか?

例えば今回の建築模型で言うのなら「建築模型教室」を開くとして、その際に受講する人が「この人はちゃんとした能力を持っているんだな」という判断材料として使う事が出来ます。

また、副業としてHPやクラウドソーシングのプロフィール欄に作品と共に資格について書いておけばより説得力を持たせることが可能です。

 

2.受験について

それでは、ここでは受験について解説していきます。

受験資格:【とくになし】どなたでも「受験したい!」と思った時に気軽に試験を受けることが可能です。

受験料:【10000円】それ以外の料金はかかりません。

受験の申し込み:【インターネットから】日本インストラクター技術協会のHPにある該当ページから申し込む事が出来ます。

受験方法:【在宅受験】試験は在宅形式をとっており、自宅に居ながら場所や時間を選ばず試験を受けることが出来ます。

合格基準:【70%以上】70%以上の評価で合格です。試験対策はじっくり行い、試験は落ち着いて臨みましょう。

 

3.有効な勉強方法

通信講座である「諒設計アーキテクトラーニング」の「建築模型・住宅模型デザインコース」では、「建築模型技工士インストラクター認定試験」の試験内容に対応しています。

こちらの講座を受講すれば試験対策はバッチリ完了です。

また、日本デザインプランナー協会が実施している「実践建築模型認定試験」の試験内容にも対応しているのでこちらの試験も検討してみると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

建築模型は建築関係などで仕事に活用できるのはもちろんですが、趣味としても大いに楽しめる分野です。

ミニチュアの世界を再現できるのはとても面白い事ですし、童心を思い出す人も居るのではないでしょうか?

もし、興味を持ったらまずは簡単な物からでも良いと思うので作ってみてくださいね。
以上、日本インストラクター技術協会の「建築模型技工士インストラクター認定試験」についての口コミ評判でした!
建築模型・住宅模型資格  建築模型・住宅模型資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る