手作りパン資格人気徹底比較

パン

現在、日本のパン食文化は他に例を見ない形で進化しています。各地に有名店や小さな人気店がたくさんあり、コンビニやスーパーにもたくさんのパンが並んでいます。TVやネットでは毎日のように新商品のパンや人気のパン屋が紹介され、多くの人達がおいしいパンを買い求めて行列ができます。 本当に日本人はおいしいパンが大好きで、パンを食べることにも作ることにもこだわりを持っている人がたくさんいます。だから、「もっとパンのことを知りたい!」、「自分好みのパンを自分で作りたい!」、「自分でパン屋をやってみたい!」と思う人がたくさんいても当然です。 そこで、パンが大好きな人達が気軽にパン作りを学んでパンのスペシャリストを目指せる資格 手作りパン資格の人気徹底比較3位までをご紹介します。パン作りに資格があることを知らない人も多いと思いますので興味のある方は参考にしてください。
 

1位 手作りパンソムリエ資格

日本安全食料料理教会(JSFCA)認定のパンに関する知識系資格です。この資格を取得すると、パンの起源と歴史・多種多様な材料と製法・国や地域別の分類や作り方のポイントetc・・・手作りパンに関するありとあらゆる幅広い知識を習得した人材として証明されます。 特にレストランやパンカフェ等のパンを扱う飲食関連にお勤めの方のスキルアップに最適な資格かもしれません。 認定試験は年6回(偶数月)実施されますが、教会指定の通信講座を受講して課題提出をクリアすれば試験免除で資格取得できます。 受講期間は通常6ヶ月ですが、集中して受講すれば2ヶ月程で取得可能です。 また、学習の内容は幅広いのですが難易度は高くないため、割と簡単に取得できるということも人気の理由です。パンの専門家になるための最初の一歩としてちょうど良い資格かもしれません。
 

2位 ベーカリーパティシエ資格

日本インストラクター技術協会(JIA)認定のパンに関する知識系資格ですが、上記の手作りパンソムリエより更に実践的なパン作りの手順や技能を習得した人材であることを証明する資格です。 イメージとしては、パン作りの経験者もしくはベーカリーにお勤めの方が、パン作りの知識の向上や仕事上のスキルアップの目的で取得するといった感じです。 取得後はパン作りの講師として個人で教室を開いたり、カフェを開店したり、あるいは職場で技術指導者として活躍するケースもあるでしょう。 また、将来は自分でベーカリーショップをやろうと考えている人にとっては取得しておいて損のない資格です。 認定試験は手作りパンソムリエと同じく年6回(偶数月)実施されますが、手作りパンソムリエの講座と一緒に協会指定の通信講座を受講して課題提出をクリアすれば、試験免除で資格取得が可能です。(つまりダブル資格取得) 実践的な資格ですが受講料が割と手頃なうえに講座は無理のないカリキュラムが組まれていて、働きながらでも取得し易いということで人気の資格です。 取得することでパン作りの技能者として認知してもらえると思います。
 

3位 おうちパンマスター資格

製菓材料等の通販サイトCOTTAが主催するパン作り教室の認定資格です。家庭での上手なパンの作り方を通信講座もしくは認定教室での講座で教えてもらいます。講座で基準点をクリアして合格するとおうちパンマスターとして認定され、認定後に登録料を支払うと今度は自分でおうちパン教室を開くことができるという流れになっています。イメージとしては公文式の学習塾のような感じでしょうか? パン作り資格というよりは、自宅でパン教室をやりたい人向けのフランチャイズ登録なので、パン作りの専門家や技能のスキルアップを目指す人にとっては取得対象外になるでしょう。 逆に、自分でパン作り教室をやりたいけれどノウハウを持ってなくて困っているという人にとっては都合の良い講座かもしれません。
手作りパン資格  手作りパン資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る