手相鑑定士認定試験の口コミ評判

手相

手相鑑定士とは、手相の位置や長さ、形から、その人の将来、恋愛運、金運、悪運等を鑑定する知識を持つ人に与えられる資格です。
この資格を取得することができれば、手相についての専門知識を得ることはもちろん、その人の今後の運勢や注意点など、細かな点に気づき、お客さんに呼び掛けてあげることができれば、自営業を開業することにつながったり、そういったお店で働くこともできます。また、家族や友人、自分の手相の鑑定もできるようになり、団らんなどの時間がより良いものになるのではないでしょうか。
資格を活かす活かさないに関係なく、こちらの試験については運勢や占いが好きな方であれば特に、勉強するだけでも楽しさが味わえるかと思います。

認定試験の概要

【受験資格】誰でも受験可能

【受験料】10,000円

【受験申請】インターネット申し込み。奇数月の1日~30日。

【試験期間】偶数月の20日~25日

【受験方法】在宅での受験

【合格基準】全体の7割以上の評価

【合否】2か月後の20日

手相鑑定士認定試験に合格すると、主に占い専門のお店で働くことができるようになります。また、手相についての講和をする講師としても活躍できます。

在宅での受験ですので、堅苦しさはあまり感じず、肩の力を抜いて受けることができると思います。

手相についてということですので、日常の中で自分や家族の人の手を眺めてみたり、そこから運勢を占ってみるなどすれば、簡単に実践に移すことができます。そういった勉強のしやすさから、こちらの資格は比較的取得しやすいものだと思います。

また、偶数月の受験ということで、年間で計6回の受験が可能なので、自分のペースで勉強し、自分のタイミングで受験できることも魅力のひとつです。

認定試験の口コミ

手相鑑定士認定試験の口コミは好評です。

理由は、近年占いの人気が再び強くなり、占いの一つでもある手相鑑定も注目されるようになってきているためであると考えられます。

最近だと、あまり見かけなくなっていた手相鑑定士が、たまに路上で出店を出しているのを見かけるようになりました。

確かに、朝のニュース番組は、どの局も番組の途中や終盤に占いコーナーを設け、放送していることがほとんどです。更に、コンビニや書店でも占い専門の書物がよく売られています。

こうしたことから、占いの人気が高いということが読み取れます。

手相の鑑定方法や占いの情報は、多くはインターネットで入手可能ではありますが、仕事に生かそうと思うのでしたら、一度しっかりと勉強して、知識を自分のものにすることが一番の近道であると思います。

また、シンプルに占いや手相を見ることが好き、ということだけでもこの資格取得の目的として十分ふさわしいものだと思います。

手相鑑定士に向いている人の特徴

・占いが好きな人

占いが好きな人であれば、この資格を取得して仕事に生かして働くことができれば、とても充実した時間が過ごせるのではないでしょうか。

・周囲の人に寄り添ってあげられる人

もし、周囲に少しでも心配だなと思う人がいるのでしたら、手相鑑定士について勉強し、その人の手相を占ってあげることで、励ましになったり、逆に注意するようにと働きかけることもできるようになります。

認定試験に合格したその後

・手相鑑定士として働く

占い専門のお店や、路上で出店を出すなどして、手相鑑定士として働くことができます。また、占い専用のインターネットサイトを開設すれば、身近な人だけでなく、遠方の人の手相も鑑定することができます。

・講師活動

占い師・手相鑑定士として、知識や実践的のノウハウを、カルチャースクールで講師活動をすることができます。また通信教育の講師として、インターネットサイトを開設し、自主的に活動もすることができます。

・趣味として取り入れる

自分の手相を鑑定して今後の運勢を導き出したり、家族や身の回りの人の手相を鑑定し、占いを楽しむことができます。
手相  手相

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る