手紙ライター口コミ評判

手紙の書き方

手紙ライターという資格をしっていますか?これは日本インストラクター技術協会主催の資格で手紙や文章を書く上で必要なスキルを身に付けていて、他人に教えることが出来るレベルであると認められた人に贈られる資格です。スマホが普及して何か連絡や思いを伝える手段として手紙という手段は淘汰されつつあります。日本の伝統行事とも呼べる年賀状でさえも最近はSNSで済ましている人がとても多いようです。なので、いざ手紙を書こうと思ったとき意外とかけないものなのです。親しい間柄であれば良いですが、改まったものを書くとなったとき、書き方や、言葉遣いが正しいかなどで悩んでしまいますね。口語とは違った難しさがあり、訓練していないためにできないのです。そんな時すっとペンを取りスラスラと手紙を書くことが出来たらかっこいいですよね。この資格は現代の手紙が淘汰されつつあるこの時代であるからこそ、とって欲しい、価値のある資格です。

 

手紙ライターを取るメリット

この資格を取るメリットは日本人として正しい日本語をマスターできるということです。手紙を書く習慣をなくなった今、文字を文に起こしたとき正しい日本語が分からないという人はとても多いです。なのでこの資格をとるために勉強すれば、正しい日本語が扱えるようになり、資格取得によってその事実が証明されるのです。また、資格取得後は独立して講師として活動することもできます。日本語は美しいとして日本語を学びたいと思っている外国人なども多いのでその需要はかなりあることでしょう。

 

手紙ライターの受験内容

この資格を取るには、手紙の正しい書き方をはじめ、手紙の種類やそれに合った言葉の使い方などの基礎知識を学ぶ必要があります。

 

手紙ライター取得に向けた勉強方法

やはり、その勉強方法はプロに聞くのが一番の近道です。今回は数あるスクールの中からひとつ、この資格取得に向けてとても、力を入れているものを紹介します。諒 設計アーキテクトラーニングです。ここは2ヵ月~6か月での資格の取得を目指します。またスペシャル講座も準備されており、なんとそれを受講し卒業すれば、試験を受けずにキッチン心理カウンセラーの資格がとれてしまうというまさにスペシャルな講座です。学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得、というプロセスを経て資格を取得します。一般講座の費用は59,800円スペシャル講座の費用は79,800円です。やはりそれなりの値段はしますが、資格取得後すぐに回収できることを考えるとお買い得ではないでしょうか。

 

受験方法とその後

受験料は10000円で、試験の70%以上で合格となります。また、2ヵ月に一回と定期的に開かれます。ここで、お気付きでしょうか?そうです、在宅受験ということは実技がありません。なので、受験方法は自宅でオンライン受験になります。手続きから受験、資格の付与まですべてオンラインで解決してしまうので、時間のないサラリーマンや交通費のかかる地方の方にはとてもいいですね。先ほど少し説明しましたが資格取得後は、様々な業種に従事することができその幅も広いです。また、就業形態としては、事業所に雇用されるだけでなく独立して講師業をすることもできます。
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る