日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶

日本人なら毎日口にしていると言っても過言ではない日本茶。あなたはどのお茶が好きですか?最近ではコンビニでもペットボトルの日本茶が売られるくらい身近な存在になってきましたね。

しかし、日本茶の淹れ方や種類など身近なのに知らないことも沢山あると思います。こういうことを友達にさらっと説明できたりするととてもかっこよいですよね。

今回はそんなお茶のプロである日本茶セレクター認定試験について説明していこうと思います。

日本茶セレクター認定試験とは?

日本茶の茶葉の種類や淹れ方など日本茶について基礎的な知識を備えていることを認定してくれるのがこの日本茶セレクター認定試験となります。

例えば、一番茶や二番茶の違いについて、また一番茶(新茶)の中でも走り新茶・初摘み新茶・八十八夜新茶など細かい種類の違いを説明できるかを問われてきます。八十八夜新茶など聞いた事はあると思いますが細かく説明となると意外と知らないものですよね。この資格を持っているとこのような日本茶の知識を手に入れることができます。

また日本茶セレクター認定試験は日本安全食料料理協会(JSFCA)という協会が認定している資格になります。

この協会は食品や調理に関する知識を所持していることを認定してくれる協会となっています。日本茶セレクター以外にも紅茶マイスターやワインコンシェルジュなど様々な食品、飲料のプロを認定しています。またどの資格も取得後にアドバイザーとして活躍ができるので人気の資格ばかりです。

日本茶セレクター認定試験取得後の評価

日本茶セレクターは取得後に活躍しやすくとても評価が高い資格になっています。

例えばこの資格を取得して実際に日本茶を自分で淹れるようなった方もいらっしゃいます。自分で身につけた知識なので毎日行うのも苦になりにくいですし、知識があるので毎日アレンジが行いやすいですよね。

家族や友人のお茶も淹れてあげる事ができるのも魅力ですね。会社でお茶を淹れる機会がある方は普段より更においしいお茶を淹れる事ができるのも魅力かもしれません。

日本茶のプロとしての活躍

プライベート以外にも仕事としてこの日本茶セレクターの資格を活かしている方もたくさんいます。

分かりやすいところで言うと茶道関連のお仕事をされている方ですね。元々あるお茶の知識に加えて更にお茶を勉強しなおすという意味で取得されている方もいます。また茶道の先生として活躍する際にこの日本茶セレクターの名前を使って活動している方も多いですね。

更にお茶のお仕事をしていない方でも資格の取得をきっかけに講師として活躍する方もいらっしゃいます。友達を誘ったりして自宅で日本茶についてのセミナーを行っている方や市民センターなどで講義を行っている方もいます。最近はインターネットも非常に発達していますので、ネット上で日本茶のブログや記事を書いている人も多く見受けられます。そんなときに「日本茶セレクターおすすめの」や「日本茶セレクターが選ぶ」などの文章が書けると記事に箔がつくので嬉しいですよね。

このように仕事でもプライベートでもどちらも活用することができるのが資格の評判をあげている理由です。

日本茶セレクター認定試験の試験方法は?

日本茶セレクターは筆記試験を在宅で受験することができます。資格試験と聞くと試験会場に試験者が集まって一斉に行うイメージがありますよね。そういう試験は緊張してしまい本来の力が出しにくいものです。しかし、この日本茶セレクターの試験は在宅で行えるのでそのような心配はありません。自宅で自分の生活しなれた環境で行えるので、リラックスして行うことができます。

また受験に際して受験資格は特に必要ありません。受験日も年6回2カ月に一回ありますので、勉強が十分にできたと思ったらそのまま試験に移れます。

受験の申し込みも日本安全食料料理協会のホームページ上から行うことができますので詳しくはサイトをご覧ください。

気軽に受験を行うことができるので、資格試験を何から行うか迷っている方はぜひ日本茶セレクター認定試験から始めてみるのはいかがでしょうか?
日本茶・お茶  日本茶・お茶

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る