日本茶・お茶資格人気徹底比較

日本茶

日本茶には世間一般で知られていないさまざまな効果や歴史・種類が存在しています。

日本茶について興味がありいろいろと調べてみても、インターネットや書籍のみではその情報量の多さに

戸惑ってしまう方も多いとおもいます。

そういった方は、通信講座や資格取得を通じて知識を身につけるとともに、せっかく身に付いた知識を認定してもらえれば

一石二鳥であると思います。最近では若い女性の方などでも茶道などを行っていたりと、お茶に対する興味は年配の方などに

とどまりません。お茶は私たちが毎日愛飲している飲料なので、より身近に感じられる資格であると思います。

今回紹介するのは、お茶に関する資格トップ5となりますが、お茶に興味を持っている方は是非取得していただきたい

資格となっています。

1位 日本茶セレクター

こちらの資格はオススメ1位として紹介いたします。こちらの資格を取得すれば、日本茶の知識全般が身に付くだけでなく、

「いいお茶を見分けるコツ」や「日本茶のよりおいしい淹れ方」などが身に付きます。

こういった知識やスキルは、普段お茶が好きで飲んでいるだけでは絶対にみにつきません。

日本茶セレクターという名称の資格ですので、よりいいお茶を選別することで、趣味としてのお茶をより一層楽しむだけでなく、

講師活動やインストラクター業に役立てることができるでしょう。

日本安全食料料理協会が実施しています。

https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/

・受験資格:特になし

・合格基準:70%以上

・受験料:10,000円

・受験方法:在宅受験

・通信教育で事前に学びたい場合:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/ (諒設計アーキテクトラーニング)

緑茶インストラクター

こちらの資格もとてもオススメの資格となっています。その理由として、この資格では緑茶を使ったお料理レシピや、

道具の特徴や役立て方などの、普通ではなかなか得られない知識が得られることです。

他者との知識に絶対的な差をつけることが資格です。単なるお茶好きとしてではなく、かゆいところまで手の届いた知識を

身につけることがこの資格の優位性といってもいいと思います。

日本インストラクター技術協会が実施しています。

https://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/

・受験資格:特になし

・合格基準:70%以上

・受験料:10,000円

・受験方法:在宅受験

・通信教育で事前に学びたい場合:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/ (諒設計アーキテクトラーニング)

日本茶アドバイザー

こちらの資格は消費者に向けた指導・助言などができることを目的とした初級指導者の資格にあたります。

日本茶の店やお茶を取り扱うカフェなどで働きたい方などにオススメの資格となります。

カフェなどで働きたい場合は事前に資格取得により知識を身につけておいた方が安心です。

NPO法人日本茶インストラクター協会が実施しています。

日本茶インストラクター

こちらの資格も3位の日本茶アドバイザー同様のNPO法人日本茶インストラクター協会が実施しています。

日本茶アドバイザーは初級指導者の資格となっていますが、こちらは消費者や初級指導者(日本茶アドバイザー)を指導する適格性を備えた中級指導者です。

より深い知識にまで目を向けた資格となっています。こちらも、カフェ店員などにももちろんですが、開業したい方などに向いている資格となります。

日本茶スペシャリスト

こちらの資格は、日本最大級のオンライン通信資格ポータルformieが実施している資格となります。

産地ごとの特徴から製造工程の違いでわかる茶の種類などの知識が身に付きます。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る