水彩資格人気徹底比較

水彩画

絵のかき方には様々な技本が存在しますが、中でも水彩画は非常に難しいと言われています。
そもそも水彩画とは、水を溶剤とする絵の具を用いて描かれた絵を表します。
油を使った絵と違い、キャンパスに描いた後にも色合いや雰囲気が変わるという特徴があります。
これは、水を溶剤として使うことにより生じる特徴で、正しい水彩画のイメージは色水を塗り重ねるといったものです。
塗り重ねられた色水は、一部は濃くなり、一部は他の色と混ざり合うので水彩画の特徴である独特な雰囲気が表現されるのです。

水彩画の説明は簡単でも、少し絵を描いたことのある程度の人では、まったく知識がない状態で水彩画を描くことは出来ません。
ただし、適切な指導によって正しい描き方、道具の使い方を学ぶことが出来れば水彩画は誰にでも描く事が出来るようになります。
既に難しい印象を持たれている「水彩画」について今回は、皆さんに知識を学んでいただこうと思います。

具体的には、水彩画についての知識を学ぶことが出来る資格を2つ紹介したいと思います。
こちらで紹介する2つの資格は、わかりやすいカリキュラムに基づいて水彩画を学ぶことが出来ます。
どうやって描けばよいのか、どうやって表現すれば良いのか。
水彩画を描く際に生じる問題を解決することが出来るので、水彩画を描いてみたいなと思われている方や、少しだけでも興味のある方はこちらで紹介する資格を取得し、水彩画のノウハウを手に入れてみましょう。

人気 水彩アーティスト

人気に紹介させて頂くのは、日本デザインプランナー協会の「水彩アーティスト」になります。
こちらの資格では、お子様から高齢の方まで幅広い年代に楽しんで頂く事の出来る水彩画に関する知識を学ぶことが出来ます。
メジャーな資格ではないのですが、受講者から人気のある質の良い資格になっております。

水彩画はどのような描き方を行うのか。
どんな道具を使って、どんな色を使っているのか。
どのような表現法を使っているのか。

様々な知識を学ぶ必要がありますが、それらの知識を学べば学ぶほど自信の水彩画の表現度の向上に繋がるので、学習が喜びへとつながるとの意見が多かったです。
水彩画は楽しみやすく、なおかつ個人の色が出やすい技法ですので、多くの年代に親しまれています。

こちらの資格を取得することで、将来的には水彩画のプロとして活動することも出来ます。
資格で学んだ技法、基礎知識、応用知識を活かして自分自身の絵を描くのです。
また、カルチャースクールでの講師活動を行うことも出来ます。
これから水彩画を始めたいと思っている生徒さんに向けて、あなたがこちらの資格で学んだ水彩画の知識をわかりやすく教えるのです。

水彩画に関する正しい知識を広めることにも繋がるので、非常に有意義な資格の活用法が期待出来ます。

こちらの資格を取得する為には、日本デザインプランナー協会が主催する試験に合格しなければいけません。
受験料10000円を用意し、インターネットから申し込みを行うことで在宅での受験が行えます。
7割以上の評価を獲得することで合格と判断され、資格が授与されます。
7割の評価は、普通に勉強をしていれば獲得することのできる評価ですのであまり焦って勉強を行う必要はありません。
自分の生活スケジュールと相談しながら、好きなだけ勉強を行い試験に挑みましょう。
試験自体も2か月に1度開催されているので、なおさら焦る必要はありません。

時間が無い社会人の方や、家事に追われている主婦の方、勉強に忙しい学生の方。
いろんな方の隙間時間に、こちらの資格勉強を行うことが出来るので忙しい人でもこちらの資格取得は不可能ではありません。
誰でも気軽に水彩画について学ぶことが出来る質の良い資格ですので、是非資格取得を目指して活動を始めてみましょう。

水彩画インストラクター

に紹介させて頂くのは、日本インストラクター技術協会の「水彩画インストラクター」になります。
人気で紹介させて頂いた、水彩アーティストと同じくらい人気のある資格です。
こちらでは水彩画に関する基礎知識から応用知識までを専門的に学ぶことが出来ます。
水彩画の描き方、描くために意識するポイント、コツなどを学ぶことが出来るので水彩画の技術、表現力を向上させたいと思っている人にお勧めです。
初めての方でも、1から技術を学ぶことが出来るので楽しみながら水彩画の技術を身につけることが出来ます。

また、こちらの資格は人気の資格と同様に受験料10000円を用意し、インターネットから申し込みを行うことで在宅での受験が行えます。
7割以上の評価を獲得することで合格と判断され、資格が授与されます。
試験自体も2か月に1度開催されています。

資格取得後にはインストラクター活動を行ったり、水彩画のプロとして芸術活動を行うことが出来ます。
インストラクター業を行いたい人は、こちらの資格を取得しておくことでお仕事に役立つことがあると思いますので、是非取得しておくことをお勧めします。
水彩画資格取得通信教育講座  水彩画資格取得通信教育講座

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る