水耕栽培資格人気徹底比較

水耕栽培

あなたは野菜を育てたことがありますか?
普段食べている野菜も、農家の方が作っておりその方法には土で育てる栽培法から水を使った栽培法まで様々な方法があります。
今回は、様々な栽培法の中から水耕栽培に関する知識を学ぶことが出来る資格を皆さんに紹介したいと思います。
水耕栽培の資格の中から、人気の物を徹底比較形式で3つ紹介したいと思います。
初めての方でも、しっかりと水耕栽培について理解し学習することが出来る資格を用意いたしましたので、「ちょっと水耕栽培に興味がある」という人から「水耕栽培のプロになりたい」という人まで、多くの人に楽しんで頂けると思います。
それでは早速紹介したいと思います!

人気 水耕栽培士

人気に紹介させて頂くのは、日本生活環境支援協会の「水耕栽培士」になります。
こちらの資格では、野菜を水耕栽培するための知識について学ぶことが出来ます。
土で野菜を育てる方法とは違い、水を使った水耕栽培には土とは違う環境づくりや特殊な道具、ノウハウが必要になります。
一般的に知られている知識ではありませんので、初心者の方が水耕栽培する際には、知らない知識で躓くことが多い為、こちらの資格では初心者の方でも理解しやすいようにわかりやすいテキストが用意されています。

また、適切なカリキュラムによって無理なく学習を進めることが出来るので水耕栽培について学びたい人は、こちらの資格を目指しておけば間違いはないでしょう。

こちらの資格を取得する為に必要な資格はありません。
インターネットで受験申込を行い、受験料10000円を用意し在宅受験に挑み、合格することで資格が授与されます。
出題される問題の難易度も、カリキュラムに従いしっかりと学習を進めていれば、問題なく合格できるような難易度になっています。
また、水耕栽培士の資格は通信教育ですので好きな時間に勉強を行うことが出来るメリットがあります。
お仕事が忙しく、まとまった勉強時間が確保できない社会人の方や、子育てや家事に追われる主婦の方でも、ちょっとした隙間時間に学習を進め資格取得を目指すことが出来るので、誰でも受験が可能な資格となっております。

水耕栽培インストラクター

に紹介させて頂くのは、日本インストラクター技術協会の「水耕栽培インストラクター」になります。

こちらの資格では、水耕栽培を行うために必要な専門知識を詳しく学ぶことが出来、最終的にはインストラクターとして活動できるレベルにまで知識を備えることが出来ます。
まず、水耕栽培において重要な水について学びます。
水耕栽培における水とは、一般の畑における土と同じくらい大切な植物が根を張る命の土台です。
水の量、パイプやポンプの配管、農薬の使い方や、液体肥料など、学ぶことは非常にたくさんあります。
一度に学ぶことは非常に難しいので、こちらの資格では適切なカリキュラムが用意されており、そちらを元に学習を進めることで内容を着実に理解することが出来ます。

どんな野菜が水耕栽培に適しているか、どんな育て方があるのか、水耕栽培を教える際に意識するポイントなど、多くの知識を学ぶことが出来るという点から、当徹底比較のにさせて頂きました。

また、水耕栽培インストラクターの資格は、人気で紹介した水耕栽培士と同じように在宅での受験が可能です。
インターネットで受験の申し込みを行い、受験料10000円を用意することで受験が可能になります。
必要資格は特に必要ありませんので、誰でも試験に挑戦することが出来ます。
資格取得後には、水耕栽培インストラクターとしてカルチャースクールでのインストラクター活動を行うことが出来ますので、お仕事に資格を活かしたい人にお勧めです。
勿論、まなんだ知識を元に家庭菜園を作ったり農家として活動することも出来ますので、非常に価値のある資格だと言えます。

日常を少し豊かにするためにも、水耕栽培インストラクターの資格取得を目指してみましょう。

美味安全野菜栽培士

に紹介させて頂くのは、日本園芸協会の「美味安全野菜栽培士」になります。
こちらの資格では、美味しい野菜を家庭菜園で作るために必要な様々な知識を学ぶことが出来ます。
野菜を育てるためには、どんな栽培方法があるのか、どのような野菜を家庭菜園で育てることが出来るのか、どのようにして肥料を与えるのか、どのようにして収穫するのか。
農業に関する知識は学ぶことが多く、独学で学ぼうとすると大変なのですがこちらの資格取得を目指しながら学習を進めることで、効率よく知識を学ぶことが出来ます。
目標があると、勉強もはかどりますのでお勧めです。

もちろん、水耕栽培に関する知識も学ぶことが出来ます。
水耕栽培だけでなく、普通の畑に関する知識を学びたいという人はこちらの資格を取得し、農業に必要な知識を身につけましょう。
資格取得後には、インストラクター活動や農家としての活動が期待されます。
水耕栽培資格取得通信教育講座  水耕栽培資格取得通信教育講座

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る