洋食資格人気徹底比較

洋食

日本に定着した西洋料理は、オリジナルに発展した歴史と、そこから再びオリジナルに回帰する傾向の2つが潮流として残ってきました。

日本は世界の料理が集まる大変珍しい国の一つで、日本食ブームに加えて、日本の洋食も海外では熱い注目を集めるようになってきています。

そのため、洋食に関する資格は男女問わず関心や興味も強い方が多く、今や何か一つでも洋食に関する資格を得るのがブームの一つとなっています。

人気 洋食ソムリエ

日本における「洋食」とは、日本食に西洋の食文化を取り入れたアレンジ料理で、日本料理のひとつかもしれません。

有名なものにパスタ料理の応用、ナポリタンや、ハッシュドビーフをライスと合わせたハヤシライス、コロッケなども洋食という事が出来ます。

元々コロッケは、世界で食べられる「クロケット」が元であり、具材が異なればそれそれの国の郷土料理となります。

日本の洋食の歴史は明治時代前後から始まり、その起源は来日する西洋人の為に、肉食調理を理解できなかった日本人料理人が、苦心して開発した歴史から来ています。

当時は、西洋料理の食材を国内で得るのは困難であるため、食材の代用品が使われました。

こうした日本独特の食材、西洋料理をアレンジした日本の洋食文化を、食材、歴史等の観点で、豊富な知識と技術を持った資格者が、洋食ソムリエと呼ばれます。

西洋料理ソムリエ

日本と違って、発酵食品による調味剤が少ない西洋では、スパイスやチーズ、植物性の出汁による独特な調理法が主流です。

またバターや植物油脂を大量に使うのも特徴で、焼き方にもオーブンや窯を使った調理方法も確立しています。健康西洋料理とは、こうした食材に関して正しい選び方や、ヘルシーなアレンジ、あるいは調理方法を習得した事を証明する有資格者となります。

現代日本では、日本食文化と同時に多くの西洋文化が流入しており、より本格的な西洋料理を自宅で再現したいといった、一般家庭も増えるようになりました。

資格所得後は、料理研究家、あるいは料理教室の講師など、幅広く活躍することを期待できます。

西洋料理テーブルマナー講師認定試験

西洋料理のテーブルマナーとは、簡単に説明すれば高級ホテルなどの正式な、来賓客向けのマナー全般を指します。

「着席」、「ナプキン」、「食器類」、「スープ」、「デザート」などで、それぞれ違ったもてなし方法や、食し方があります。例えば、デザートのパターンでは、お皿の上の敷物は左側に広げて置き、フィンガーボールが同時にテーブルにあがります。

またイタリアン料理でも、パスタを食する時は一切の音も立てないとか、残ったソースの処理などに独特のマナーが存在ます。

西洋料理テーブルマナー講師とは、こうしたテーブルマナーを他人に指導出来る知識と技術を持った講師です。

今非常に人気にある職業で、専門学校、カルチャースクール、イベントやセミナーなどでその資格を活用することができます。

認定試験は民間資格ではありますが、合格すればそれを活用する職場は数が多いのが特徴です。

フードスタイリスト

フードスタリストとは、近年ではメディアでの活躍が期待される職業の一つです。

映像や画像によって、各料理を紹介する場合に、撮影される料理を適切に演出して「しずる感」や美味しさを伝える職業となります。特に食レポなどでは、後から料理を別映像で紹介することが多く、場所の多くはスタジオです。

湯気が立ち上るように室温を極端に下げたり、水中に放り込まれるチューハイの映像などでは、水泡の演出までも手掛けることがあります。

ある意味、特殊効果の一つでもある為、プロフェショナルとして個人で活躍する人も多く、業界との接点も多い職業です。

料理の技術はもちろん、テーブルマナー、食文化や写真などの技術の知識も必要となります。また著名なフードスタイリストは、メディアで取り上げられることも多いため、活躍の幅が非常に広い職業の一つでもあります。

さいごに

いつの時代も食にまつわる職業や、知識や技術は多くの注目を集めるものです。資格もその活躍の場が広がり、著名な人も一般の方から輩出される時代です。

調理師も含めて、料理研究家、フードコーディネーターなどその職業は、種類も多く、今一番の人気の資格も洋食に関することが増えてきてます。
洋食資格  洋食資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る