温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

温泉資格

日本人ならば「温泉」が好きな人が多いですよね。若い人でも旅行に行くとなると温泉地を選ぶ方が多いと思います。

特に日本には全国各地に様々な温泉があります。九州の別府温泉や愛媛の道後温泉は街並みも温泉街になっているので観光としてもおすすめの場所です。

しかし、そんな温泉ですが全国の温泉の特色を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回はそんな方に勧めたい温泉観光アドバイザー認定試験を紹介していこうと思います。

温泉観光アドバイザーとは?

みなさん温泉地って全国に何か所ぐらいあると思いますか?有名なものでも別府、黒川、有馬、下呂、鬼怒川など上げればきりのない温泉地ですが、なんと全国には3,088か所もの温泉地があるそうです!さらに温泉旅館になると21,161か所に膨れ上がります。当然これだけの温泉地があるという事は毎日沢山の人が温泉を利用しているのに違いありません。

温泉観光アドバイザーはこのたくさんある温泉地の知識だけでなく、観光をする上で必要な知識を旅行者の方などにアドバイスするための能力があることを認定してくれる資格となります。

またこの温泉観光アドバイザー認定試験は日本生活環境支援協会(JLESA)という協会が認定している資格となります。この協会はこの資格以外にもDIY工作アドバイザーやロジカルシンキングマスターなどの流行である能力をいち早く資格認定しています。温泉観光アドバイザーも現在観光のお客さんが国内外問わずに増えているため流行にのった資格となっています。

温泉って温泉地により違うの?

温泉はそれぞれの温泉地により効果や効能がかなり違います。また日本人は古くより温泉に入り病や怪我を治す習慣があります。なので、各温泉地の方もこの温泉の効果を細かく設定したり成分の分析をしたりと力を入れています。

その温泉の性質をしっかりわかっていると自分だけでなく他の方の病気についてなどにもアドバイスができるので非常に役に立ちますよね。

また温泉の楽しみ方の一つに温泉街を楽しむという事もありますよね。温泉街はその温泉地によってモチーフがかなり変わってきます。道後温泉などは分かりやすいですよね。千と千尋の神隠しのモチーフになったこの温泉街はとても幻想的で温泉に入る以外にも楽しみが沢山出来ます。

このように温泉地によってかなり雰囲気が変わるものです。

温泉観光アドバイザー認定試験の評判は?

温泉観光アドバイザーは口コミでの評判も高く人気の資格となっています。人気の理由の一つに取得しやすいという事があげられます。

覚える知識が温泉についてという趣味に即したものとなっているため独学でも無理なく覚える事ができます。しかも、受験資格がないため知識がついたと思ったらその場で申し込みが出来るのも利点です。他の資格ですと受けたくても通信講座を受講する必要性があったり専門学校に通う必要性があったりと制約が多くなります。この点が温泉観光アドバイザーの人気の理由ですね。

さらに取得後の活用が効くというのも魅力的です。この資格はアドバイザー資格なので覚えた知識を人にアドバイスや教えたりすることが出来る事も認定してくれます。なので、自宅で観光に行く方向けのセミナーを開いたりインターネット上にブログや記事を立ち上げたりする際にも役に立ちます。温泉関係の仕事をされている方からもスキルアップにつながるために幅広い方が活用できるという点も人気の理由と思われます。

温泉観光アドバイザー認定試験の試験方法は?

この資格の試験方法は筆記試験で在宅試験になります。場所や時間を選ばないため試験時間が確保しづらい方にも安心となります。合格基準も全体の70%以上と難易度も高くありません。

受験料は10000円(税込み)で受験資格は特に必要はありません。

申し込み方法はインターネットから出来ます。詳しくは日本生活環境支援協会のホームページに記載されていますので確認してみてください。

受験資格も必要なく難易度もそこまで高くないので資格試験を始める人もこの温泉観光アドバイザーから始めてみてはいかがでしょうか?
温泉観光  温泉観光

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る