温泉観光資格人気徹底比較

温泉資格

日頃の疲れを癒してくれる温泉。

温泉は、暑い夏に入るのも、寒い冬に入るのもそれぞれ良さがあり、年中楽しむことができますよね。お湯につかる気持ち良さはもちろん、

泉質によって様々な効能があるので、体の症状に合わせた温泉選びをすることで症状を緩和させることができるのも利点です。

温泉の知識を高めることで、健康維持にもつながりますし、温泉をよりよく楽しむことができます。

温泉の知識を深めることのできるおすすめの資格があるので、いくつかご紹介致します。

人気 温泉観光アドバイザー

全国の温泉に関する、泉質や効能、歴史など、温泉観光のアドバイスができる知識を有する資格となり、日本生活環境支援協会が認定しています。

有名な温泉から、知る人ぞ知る隠れ家的な温泉まで、全国には様々な温泉があります。

各地の名所や自然の風景など、その土地の良さを活かした露天風呂も多くあり、旅行に訪れる方は多いものです。

各地の温泉の特徴や、泉質がもたらす体への効果などを知ったうえで湯につかることができると、さらに楽しみ方も広がります。

資格取得によって、講師活動も可能になるので、観光の場でこの資格を十分に活かすことができます。

温泉が好きな者同士で交流を深めるチャンスにもなりますし、お互いの知識を共有したり高め合ったりできる良い場が増えていくことでしょう。

銭湯ソムリエ

銭湯ソムリエは、温泉特有の分析表の見方や専門用語の理解ができる知識を有する資格となり、日本インストラクター技術協会が認定をしています。

「サナトリウム」とは、療養所という意味で、「健康」や「治る」といった意味合いも含まれている言葉です。

体の症状に合わせた温泉の効能があるということはよく知られていますが、

実際にどのような効能がどういった理由で体に良いのかという詳細まではなかなかか知られていません。

それぞれの症状にあった泉質を選び、お湯につかる気持ちの良さだけでなく、体にあったより良い温泉を楽しむことができるようになります。

幅広く知識を高められる資格なので、これからの健康維持に役立つこと間違いありません。

温泉ソムリエ

温泉愛好家の皆様の中でも、実際に温泉の資格を取得して、より深いところまで追求している方は多くありません。

実際に資格取得された方は「温泉の楽しみが何十倍にもなった」という声が多いようです。

温泉愛好家の人だけでなく、レポーターやライターの方・芸能人の方が武器の一つとして取得される例も多いようです。

温泉の効能などに詳しくなれば、より温泉の楽しみ方が倍増する資格となっています。

温泉観光士

こちらの資格は、専門家などが実際に講義などをしてくれたのちに、野外活動・試験という流れにより

取得できる資格となっています。「温泉の本質」を学ぶことに重点を置いている資格となっており、今後の温泉地域などの

発展などに大いに貢献しているようです。温泉街などで働く方などにとても向いている資格だと思います。

合格後は温泉観光士としての認定証が発行されますので、そちらを活用して温泉にかかわる仕事をされてもいいでしょう。

温泉保養士

温泉保養士(バルネオセラピスト)とは、あまりその名前を知らていませんが、温泉医学、予防医学に基づき、 温泉の持つ保健的機能を引き出す

知識を持っている人のことを指します。温泉の体へ与える良い影響を学ぶことで、温泉を健康づくりに活用できる資格となっています。

温泉にはさまざまな効能があることをなんとなくわかっていても、実際の細かい成分や泉質などがわからないと各個人のそれぞれの欲している

効果が期待できません。この資格を取得することにより、「温泉を楽しみながら、かつ、健康づくりをする」といった一石二鳥の楽しみができると思います。
温泉観光  温泉観光

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る