焼酎ソムリエ口コミ評判

焼酎

趣味として1ジャンルを築いている【焼酎】の世界。今や日本国内に止まらず、世界中で話題です。【焼酎】と言えば、焼酎そのものの世界観や歴史が奥深いだけでなく、種類が豊富で、酒器が人気という点にも特徴があります。飲み方をアレンジでき、例えばソーダで割ったり、水割り・お湯割りにするほか、食品との組み合わせも楽しく選べるお酒です。その土地ゆかりの焼酎もあり、豊富な知識を持ち合わせる方が増えています。【焼酎ソムリエ】とは、ほかにも最新の飲料関連の資格や、話題の「食」の資格を複数取り扱う、日本安全食料料理協会(JSFCA)の資格です。【焼酎ソムリエ】なら、趣味をアピールするのにも打ってつけなほか、居酒屋の経営者・飲食業界で働きたい方におすすめの旬な資格です。営業職や、海外の観光客向けの職業に従事する方が取得すると、話題作りに事欠かないなど、人気上々の資格なんですよ。詳細を紹介するので、【焼酎ソムリエ】の取得を考えてみませんか。

ひとりでも、みんなでワイワイしたいときも【焼酎】で

ひと昔前は、「ランチ」と言うと、主婦やOLが集まって時間を共有したり、「飲みに行く」というと打ち上げや、数人で連れ立つのが定番でしたが、現代では属性に関わらず、例えば主婦の「ひとりランチ」や「ひとりごはん」、旅行でも「おひとり様プラン」が人気で、お酒の「ひとり飲み」も定着しています。【焼酎】はひとりでも、複数人でも楽しめるアイテムで、楽しく飲めるだけでなく、詳しい方はプロとしてインストラクターをしたり、「お酒」という共通の話題を提供して場をなごませたり、話題を提供するのにも適しています。【焼酎ソムリエ】なら、趣味にも仕事にも活かせるので、資格を取って知識を活かしませんか。

【焼酎ソムリエ】の取得とは?

お酒の資格のなかでは、「ソムリエ」資格が有名です。もともとはワインソムリエに使われた言葉ですが、今では食品にも使われ「野菜ソムリエ」「コーヒーソムリエ」など幅広く使われています。お酒の資格というと、酒類全般を扱う資格やワインソムリエなどが多く、専門的な【焼酎】資格は少ないのが現状です。また実力がある方がスキルを証明するためには、講座とセットになっていない資格試験のみで十分な場合も多いので、【焼酎ソムリエ】認定試験がおすすめです。【焼酎ソムリエ】とは、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格。【焼酎】の歴史や種類、飲み方などを総合的に把握していて、料理との組み合わせを提案したり、おすすめの飲み方を提案できる方が、実力を証明するための資格です。すでに飲食店や居酒屋店・バーを経営している方のほか、飲食業界や旅行代理店に就職したい方の取得もおすすめですよ。

【焼酎ソムリエ】の資格を取るには

【焼酎ソムリエ】は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の資格です。2カ月に1回の割合で開催される【焼酎ソムリエ】認定試験を受け、合格したすべての方に資格を授与します。お酒は20歳以上でないと飲めないので、その点で制限はありますが、ほかに制限はなく、【焼酎ソムリエ】認定試験はどなたでもチャレンジでき、平等な機会が設けられています。そして日本安全食料料理協会(JSFCA)には、「カクテルソムリエ」や「ワインコンシェルジュ」といったお酒の資格のほか、「コーヒーソムリエ」「スムージーソムリエ」「カフェオーナー経営士」など、独立に適した資格も多いので、この機会に併願も検討してみませんか。ホームページから一括申し込みができて、とても便利です。

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.asc-jp.com/test/shochu/

いかがでしたか?【焼酎】は日本人にはもちろん、海外でも人気なので、外国人観光客に焼酎を説明するときにも、【焼酎ソムリエ】の知識が役立ち、実用性の高い資格です。【焼酎ソムリエ】認定試験を管轄する日本安全食料料理協会(JSFCA)は、ほかにも時代の流れを汲んだ資格を多数扱っています。就職や転職はもちろん、【焼酎ソムリエ】のように、資格を取れば講師としてレクチャーしたり、おもてなしにも役立つものばかりなので、ホームページで詳細をチェックしてみてくださいね!
焼酎資格  焼酎資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る