焼酎資格人気徹底比較

焼酎

毎日の晩酌に焼酎を取り入れている方も多いでしょう。
焼酎にも様々な種類があります。使われている原材料をはじめ、その他にも作り方そのものに様々な違いがあります。
焼酎に詳しい知識を持つことによって、焼酎を嗜む際の楽しみも増えるのではないでしょうか。
焼酎に関する資格を、いくつか人気のあるものからご紹介していきます。

人気 焼酎ソムリエ

焼酎ソムリエは焼酎に関する基本的な知識を持つ立場になります。
焼酎にはどのような歴史があり、それぞれの焼酎をどのように製造しているのか、などに関してもしっかりと知識を持つことになります。
焼酎の原材料には麦・米・芋・そば・ごまなどが使われていますが、この原材料に関する知識もしっかりと待ち合わせることになります。さらに焼酎にはそれぞれの文化があり、焼酎が作られている様々な土地の気候などについても理解をした上で、焼酎のおいしい飲み方を熟知した立場になります。
焼酎ソムリエの資格を持つことによって、お酒を取り扱う場面で専門的な知識を持ち、焼酎選びなどのサポートをすることができるでしょう。

焼酎コンシェルジュ

焼酎セレクタアドバイザーは焼酎に関する知識を持っているだけではなく、焼酎の選び方や美味しく飲むためのグラスの選び方、さらにはそれぞれの焼酎に合うお料理のセレクト方法などを習得した立場になります。
和食に照準を合わせる方も多いようですが、その他のお料理にはどのような焼酎を合わせれば良いのか、オリジナルのチューハイを作る際にはどのような材料を合わせれば良いのかに関しても適切な知識を持ち、新しいチューハイの考案などにも携わることができます。
自分自身の晩酌に役立てるだけではなく、焼酎の原材料にも着目しながら焼酎のたしなみ方などもアドバイスをすることができる立場になります。

焼酎唎酒師

焼酎唎酒師はカリキュラムにのっとりながら、様々な症状に関する知識を身につけていくことになります。
実際に焼酎?酒師の資格を持っているのは飲食店の従業員だけではなく、お酒に関係するお仕事をする方や旅行業に従事されている方などになっています。
お料理や一人一人の好みに合わせた焼酎提案することができ、なおかつ複数の焼酎コーディネートからアドバイスをすることも可能になっています。
新しい焼酎を作る際にも、焼酎唎酒師としての資格が役立ちますので、焼酎に携わる職場をどんどん見つけながら活躍していくことができるでしょう。
焼酎唎酒師の資格を取ることによって焼酎のテイスティング力や、焼酎のサービス力なども身につきます。

焼酎検定

焼酎検定は焼酎に関係する様々な知識を持ち、こういった知識を持っていることを証明するための資格になっています。
3級から1級までが存在し、焼酎に関係する文化や歴史、原材料製造方法など様々な問題が出題されることになっています。
問題をクリアすることによって資格を持ち、さらにはステップアップするための上級資格を目指すことができるのです。
焼酎検定の1級は焼酎のあらゆる部分に精通しており、後世に対し焼酎は受け継いでいくための啓発活動などを行える立場になります。

焼酎きき酒師

焼酎きき酒師は、様々な焼酎における基礎知識を持ち、さらには焼酎に関する基礎知識から季節別の提案などを行うことが可能になります。
様々な焼酎のテイスティングをして焼酎の品質や種類などを把握することも可能な立場となります。
焼酎きき酒師の資格を持つことで、焼酎を販売する場面で活躍出来るだけではなく、多くの人々に焼酎をお勧めすることのできる立場になることも可能。
本当にお客様などが求めている焼酎を勧めるためにも焼酎への知識、そしてスキルは非常に役立つものとなっています。
近年では様々な焼酎を扱う飲食店なども増えてきており、焼酎きき酒師の資格を持つことで、とても重宝される存在へと変わることができるでしょう。
焼酎資格  焼酎資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る