犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

ブリーダー

日本では、およそ4割の家庭で何かしらの動物を飼っている傾向にあり、その割合は上昇傾向にあるそうです。またペットブームに比例して、動物愛護や動物保護についての認識が高まりつつあり、社会全体でペット問題を考える傾向も強まっています。そこで犬や猫を飼いたいと願う人たちが最も懸念するのは、希望するペットに出会えるかどうかという、マッチングの問題ではないでしょうか。【ブリーダー】に求められるのは、犬や猫の種類によって異なる繫殖の知識や、生まれてきた赤ちゃん動物の管理方法についての高度な専門性で、それらを活かし、種類を絞って繫殖を手掛けているので、求められる血統の良い子犬や子猫を、希望者に受託することができるのです。日本生活環境支援協会(JLESA)では、【犬・猫ペットブリーダー】認定試験を設定し、7割以上の成績に達した方に資格を授与しています。優れた血統を残すためにも、優秀な【犬・猫ペットブリーダー】が求められ、実力を証明するために、資格取得に乗り出す方が増えていますよ。この機会に認定試験を受けて、【犬・猫ペットブリーダー】として、更なる高みを目指しませんか?

【犬・猫ペットブリーダー】の重要性

現在、保護犬・猫をペットにするなど、犬種や猫種を問わずペットを飼う方もいますが、依然として【ブリーダー】やペットショップを通じて新しい家族を受け入れる方が圧倒的多数を占めています。というのも、犬や猫は、種類によって性格や習慣・毛質などが異なるので、動物そのものに愛着があることに加え、特定の種類のペットを可愛がる傾向があったり、思い入れがある方が多いのです。現代は、掛け合わせで新たな犬種や猫種を誕生させるケースもあり、ペットブームは新たな展望を見せ続けています。

個人経営が多い【犬・猫ペットブリーダー】

【ブリーダー】は夫婦単位など、個人経営が多く、小規模で事業を始めるケースがほとんどです。【犬・猫ペットブリーダー】に合格すれば、冒頭でご紹介したような、犬や猫の種類によって異なる繫殖の知識や、生まれた赤ちゃん動物の管理方法・離食のタイミングや予防接種についてなど、【ブリーダー】として総合的な知識や技能があると証明できます。【ブリーダー】の経営方法についても、網羅する内容になっているので、総合的な知識を得たい方にもおすすめの内容ですよ。

技術系資格に強い日本生活環境支援協会(JLESA)で取得を!

【犬・猫ペットブリーダー】認定試験は、日本生活環境支援協会(JLESA)が管轄の資格試験です。日本生活環境支援協会(JLESA)は、技術の有効活用を目指して、資格取得者と採用する企業や現場の双方にとって有益な認定試験を実施し、合格者に資格を認定しています。【ブリーダー】を目指したり、能力を証明したいと考える方は、日本生活環境支援協会(JLESA)の【犬・猫ペットブリーダー】資格を取得しませんか?これから犬や猫を飼い、詳しい知識や技能を身に付けたい方にもおすすめの認定試験ですよ。

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.nihonsupport.org/shiken/breeder/

いかがでしたか?ペットを飼うことを希望する側から考えると、定評のある資格を取得している【ブリーダー】さんの信用度が高まるのは、言うまでもないですね。【犬・猫ペットブリーダー】なら、在宅で受験でき、忙しくてもスケジュールを設定しやすい受験体制が整っています。特定の受験地まで赴く必要もないので、出費も最小限に抑えられ、試験に集中できますよ。試験の方法は、設定された期間中に自宅で解答し、提出期限までに解答用紙を返信するというもの。日本生活環境支援協会(JLESA)なら、ほかに「ペットトリミングアドバイザー」や「ドッグトレーニングアドバイザー」「ビジネスマネージメント」の認定試験もあるので、併願も可能です。今こそチャンスを手にしましょう!
ブリーダー資格  ブリーダー資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る