発酵食品資格人気徹底比較

発酵食品

世界各国で親しまれている発酵食品は、日本でも古くから愛されてきました。
健康志向が高まっている近年では、体に良い食材としても高い注目を集めています。
そんな発酵食品に関する資格を取得して、より充実した食生活を送ってみませんか?

人気 発酵食健康アドバイザー

発酵食品と、発酵食品を使った料理に関して、非常に幅広い知識を有することを証明できる資格です。
発酵食品を食べることだけではなく、発酵食品が作られる過程の中で、微生物や菌がどのように働いているのかという点に関しても熟知していなければいけません。
また発酵食品がもたらす美容効果や、乳酸菌、納豆菌などの菌が持つ働きについての理解も必要ですし、発酵食品を効果的に食べる方法であったり、発酵食品の作り方などの知識も求められます。
他の資格に比べ内容が濃く覚える範囲も広いため、意外と難易度が高かったと感じる方も多いようです。
しかしその分資格取得後は様々なアドバイスができるようになるので人気が高く、講師として活躍する方も多くいらっしゃいます。

発酵食品マイスター

麹や菌が持つ働きを理解することで、発酵食品の持つ美容や健康に対する効果についてや、発酵過程についてより詳しい説明ができるようになります。
有機美容発酵食品、と聞くとなんだか難しく聞こえますが、簡単に言えば発酵食品をよく理解できているかどうかを求められる資格です。
美容という名前がついているので女性向けに思えますが、発酵食品は健康への効果も非常に高いものですので、段々と男性の資格取得者も増えてきています。
腐敗と発酵はどのように違うのか、酢や味噌のように、日常的に使う調味料についての知識も必要です。飲食店だけではなく、病院・介護施設など人の健康を考える仕事や、食育に関わる仕事など、多くの仕事に生かすことができます。

健康食品コーディネーター

健康食コーディネーターは様々な資格の中でも比較的新しいもので、2008年から試験が実施されています。
高齢化社会の中いつまでも元気に生活を送るため、健康に良い食事を摂りたい・作りたい、そう考える人が増えた現代、自分自身でその知識を身に着け活かしていくための資格です。
出題科目としては、健康食品市場の現代と将来について、栄養学の基礎、人体や病気の医学的基礎など、食品と健康に関して広い範囲から出題されます。
健康食品に関する法令、品質保証、さらには商品開発の仕方といった知識も必要になるため、単純に発酵食品を効果的に摂取したい方ばかりではなく、食に関する仕事で資格を活かしていきたいという方にもおすすめです。

発酵マイスター

発酵マイスターは日本発酵文化協会の資格制度で、発酵マイスター養成講座と発酵教室ベーシック講座を受講し、課題の提出と試験を受け、その結果によって合否が決まります。
発酵に関する正しい知識と、日本国内における発酵食品の文化の普及・継承を目指すために設けられた資格で、発酵食品とはどのようなものなのか?どうして体に良いと言われているのか?という疑問を解決するのも発酵マイスターの役割です。
味噌や納豆など日本で親しまれた発酵食品だけでなく、世界中の発酵食品についても理解が深まります。

また実際に発酵食品を食べるカリキュラムも組まれており、テキストだけでは分からないことも、身をもって学べるのが嬉しいですね
発酵マイスターの試験に合格した後もっと知識を深めたいという方は、一つ上の資格である発酵プロフェッショナル養成講座に挑戦できます。

発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリストは通称“醸しにすと”と呼ばれ、一般社団法人ホールフード協会が運営する通信講座を修了することで認定されます。
調味料や漬物など国内の発酵食品の他、海外の珍しい発酵食品の特徴や選び方、調理方法まで、発酵食品に関する幅広い勉強を行います。
目的に合わせたメニューについても学べるので、発酵食品を通して健康や美容への対策にも役立つ資格です。
発酵食品の作り方に関する内容もあり、仕事で調理に関わる方以外に、自宅で美味しくて体に良いものを積極的に食べたい、自分で安心・安全な食材を楽しみたいと考える方にも人気があります。
発酵食品資格  発酵食品資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る