着物着付け方資格人気徹底比較

着物資格

成人式や、挙式時、式典時など昔よりも着る機会は減りましたが今もなお一定の人気を保ち続けている日本の伝統衣装である「着物」。
着物の着付けには一定の知識が必要であり、様々な資格が存在する程それらの知識は膨大で技術はさらに難しいものとなっております。

今回は、着付けに関する知識を学ぶことが出来る資格を5つ紹介したいと思います。
人気順で徹底比較を作らせて頂いたので、こちらで紹介する資格の中から取得したいと思える資格を探してみてください。
初心者でも楽しく学ぶことが出来るものを紹介させて頂いたので、初めての方でも臆することなく着付けの世界に飛び込むことが出来ます。

少しでも興味をお持ちの方は、着付けに関する資格を取得してみましょう!

人気 着物マイスター

最初に紹介させて頂くのは、日本生活環境支援協会が認定する資格の1つである「着物マイスター」です。

こちらの資格では、以下の着物に関する知識を学ぶことが出来ます。

・和服の歴史
・和服の種類、周辺道具
・和服の選び方
・和服に合う状況(シチュエーション)
・和服を着る時の髪型
・和服に合うメイク法

これらの和服に関する幅広い知識を学ぶことが出来ます。
特に、和服は日本の伝統文化ですので正しく知識を学ぶことで日本人としての楽しみを得ることが出来ます。
和服と相性の良い髪型や色などについても学ぶことが出来るので、おしゃれが好きな女性にとっては楽しい学習が多いと思います。
もちろん、着付けに関する技術についても学ぶことが出来るので、ご自身だけでなくご友人や家族の着付けの手伝いも出来るようになります。

将来的には、着付け教室やカルチャースクールで講師活動が出来るようになるので、プロとしての道を歩みたいと考えている人にもお勧めできる資格となっております。

受験料は10000円とお安くなっております。
インターネットで受験申込を行い、在宅で試験を済ますことが出来るので試験場に出向く時間が無いという社会人の方にも優しい試験体制が採られています。

全くの初心者の方でも、楽しんで資格を取得することが出来るのがこちらの資格の大きなメリットであります。
着物について少しでも知識を身につけたいと思ったら、こちらの資格取得を目指してみましょう。

着付け方インストラクター

2番目に紹介させて頂くのは、日本インストラクター技術協会の「着付け方インストラクター」です。

こちらの資格では、着付けに関する知識を徹底的に学ぶことが出来ます。
着付けには礼儀作法、厳格な型が用意されているのでそれらに沿って日本伝統文化の1つである着物の着付けを万で行きます。
正しい着付けの知識を身につけることで、資格取得後には着付け教室の先生として活動できるようにもなります。

とても種類が多い着付けの段階、方法を学ぶのは大変ですがこちらの資格ではわかりやすいカリキュラムが用意されているので、初心者の方でもわかりやすく楽しく学習を進めることが出来ます。

カリキュラム修了後、在宅での試験に合格することで資格を取得することが可能になります。
受験資格は特にありませんので、素人の方でもやる気さえあれば誰でも挑戦が可能です。

着付け技能検定

3番目に紹介させて頂くのは、全日本着付け技能センターの「着付け技能検定」です。
こちらの検定では、着付けに関する知識や技術を持っていることが証明されます。
プロの着付け師として活動する際に箔が付く資格ではありますが、まったくの初心者ではこちらの資格を取得することが出来ません。
※受験資格に実務経験があるため

着物に関する知識、技術を持っており自信がある人はこちらの検定を受けご自身の将来の選択肢を増やしてみると良いでしょう。
初心者の方は、着物マイスターなどの初心者向けの資格がオススメです。

きものコンサルタント

4番目に紹介させて頂くのは、全日本きものコンサルタント協会の「きものコンサルタント」です。

こちらの資格では和装の着付け、礼儀作法、意識について学ぶことが出来ます。
こちらの資格だけでも十分に和装に関する専門知識を学ぶことが出来るので、日本の伝統文化である和装について詳しく学びたいという人はこちらの資格を取得してみましょう。

着付け師

5番目に紹介させて頂くのは、着付け教室などで学ぶことが出来る「着付け師」です。
こちらは、着付け教室などで知識を学び技術を得たものに与えられる資格、呼び名です。
様々な式典に和服を着る際に、一人では着ることが出来ない人のサポートに回ったりすることが多い「着付け師」になるための知識を学ぶことが出来るので、プロとしての道を歩みたい人にオススメとなっております。

教室によって指導法は違いますので、安定した学力向上を図りたいと考えている人はカリキュラムが組まれている着物マイスターや、着付け方インストラクターなどの資格に挑戦した方が良いかもしれません。

現場の雰囲気を味わいながら、資格を取得したいという人は着付け教室に出向き着付け師になるための学習を行ってみましょう。
着物着付け方資格取得通信教育講座  着物着付け方資格取得通信教育講座

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る