福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

福祉

福祉心理カウンセラーというものをご存じでしょうか?これは、日本インストラクター技術協会主催の資格で福祉、心理について様々な基本的な知識があり教える能力が一定以上であると認められた人に贈られる資格です。医者の仕事は治療が主ですが、アドバイザーの仕事はそれだけではカバーしきれない心や体の問題のサポートです。患者はもちろんその家族のサポートまで行うためその仕事は大変です。その過程で生まれる様々な悩みや不安に向き合い、解決へと導いていく必要があるのです。福祉と心理、業務としては違うことも多いですが、相談業務という根本は同じでその二つが同時にとれてしまう資格なのです。

福祉心理アドバイザーを取るメリットとデメリット

この資格を取るメリットは、様々なっ機関で活躍できることです。医療機関、福祉施設、介護施設、教育機関などで活躍することができます。場所にもよりますが、相談者は老若男女問わず多種多様ですので、高いスキルが求められます。またこの仕事を通して、大きな達成感や、充実感を得ることもできます。福祉心理アドバイザーの需要は高まっていてますが、供給は間に合っておらず、十分な経験と知識をもったアドバイザーはまだまだ少ないのが現状です。デメリットとして挙げられるのは、やはり資格獲得に至るまでの難易度とその費用でしょう。そこを何とかすれば、とても価値のある資格です。

福祉心理アドバイザーの受験内容

では実際この資格を獲得するにあたってどのような勉強をすればいいのでしょうか。この分野は範囲が広く、これをしろ、というものはあまりなく広く浅くまんべんなく勉強することは大切です。医療、福祉、心理、様々な観点からアプローチしていく必要があるのです。強いて言うのであればストレスについては、深く勉強しておいて損はないでしょう。また、試験は2ヵ月に一度あるので、仕事で忙しい方や時間のない学生には嬉しいところです。この試験にかかる費用は10,000円で70%の評価で合格となります。

福祉心理アドバイザー取得に向けた勉強方法

やはり、資格試験の一番の近道はプロに教わること。今回ご紹介するのは福祉心理アドバイザーの資格に特化したオンラインスクールで諒 設計アーキテクトラーニングです。ここは2ヵ月~6か月での資格の取得を目指します。またスペシャル講座も準備されており、なんとそれを受講し卒業すれば、試験を受けずに福祉心理カウンセラーの資格がとれてしまうというまさにスペシャルな講座です。一般講座の費用は59,800円スペシャル講座の費用は79,800円です。やはりそれなりの値段はしますが、資格取得後すぐに回収できることを考えるとお買い得ではないでしょうか。

受験方法とその後

受験方法は自宅でオンライン受験になります。手続きから受験、資格の付与ますべてオンラインで解決してしまうので、とても楽でいいですね。先ほど少し説明しましたが資格取得後は、様々な業種に従事することができその幅も広いです。また、就業形態としては、事業所に雇用されるだけでなく独立して、自宅やカルチャースクールでの講師活動ができます。時代のニーズに沿って今後の活躍が期待される職業です。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る