管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

食育

誰もが気にかけている「健康」。健康にはバランスのよい食事がかかせませんね。

ですが、現代では手軽に好きなものが手に入るため偏った食事になりがちです。

健康な毎日を過ごすために、必要な栄養はどれくらいとれているのでしょうか。その正しい知識を持っている人がどれくらいいるのでしょうか。

最近では「食育」にも注目が集まっていますので、栄養素を正しく理解すれば健康で安全な食材を選び、バランスの良い食生活を送れようになる大きな手助けとなります。

・「管理健康栄養インストラクター」認定試験とは?

日本インストラクター技術協会が行っている認試験です。

ビタミン・ミネラル・カルシウムなど栄養素の基本的な知識を有し、食材に含まれる栄養素の理解、食品表示の把握など幅広い知識を有していることが証明されます。

この試験は生活に密接した「食」に関する資格ということで、勉強しやすく人気が高くなっています。栄養素や健康に関する内容なので幅広い知識は必要になってきますが、生活に欠かすことのできない「食と健康」の知識なので理解しやすい内容となっています。

管理健康栄養インストラクター認定試験用のテキストも用意されています。

栄養素などの勉強は専門書を買う、もしくはインターネットで調べれば独学ですることもできますが、より効率的に内容を理解するためにはテキストの利用をお勧めします。

・具体的な内容は?

食材にはいろいろな栄養素があります。その栄養素についての基礎知識はもちろん、体への効果、それぞれの栄養素の効率的な摂取方法まで幅広い知識が身に付きます。また食品表示に関する知識も学びますので、食材選びの厳しい目も養われます。

栄養素の損なわれないような調理方法で、健康かつ安全な食生活を提案できるようになります。

管理健康栄養インストラクターの資格を取得すれば、日々の食生活の改善になりバランスの良いメニューを取り入れることができます。正しい栄養管理の知識を勉強することによって、家族と自分の体を健やかに保つことができるのです。子育て世代はもちろん、生活習慣病を予防したり、メタボ対策にも役立つ知識ですので子育ての終わった世代にも取得する価値があるでしょう。

また一般的な資格と違って、講師向けの内容となっていますので資格を取得して人に教えていきたい方にはとても有用な資格なのです。

・取得したらどのようなことができるの?

管理健康栄養インストラクターの資格を取得すると、講師としてカルチャーセンターや自宅で栄養教室や料理教室を開くことができます。

健康への関心が高い現代では、様々な世代が利用できるカルチャーセンターで栄養について学べる教室があれば、人気の教室になるでしょう。

食品表示の知識を伝え、食材選びの方法から、栄養素を無駄にしない調理方法まで学ぶことができる教室を幅広い世代に受講してもらうことができます。

教育や介護福祉の現場でも必要な知識がたくさんあるのでインストラクターとして話をすることができます。

講師活動以外にも食品関係の仕事には役に立ちますし、仕事として活用しなくても、家族や周りの人たちに食材選び、食品表示の見方などを伝えてあげることで健康への取り組みの手助けができるでしょう。

・受験方法と申込みは?

日本インストラクター技術協会が認定試験を行っています。在宅で受験することができ、回答を郵送する形の試験です。受験料は1万円、合格基準は70%以上の評価です。

受験資格は特に設けてありませんので、老若男女問わず興味があれば誰でも受験できます。

受験申込みは、日本インストラクター技術協会のホームページより随時受け付けています。

興味のある方は一度ご覧ください。

https://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/

2か月に一度試験がありますので準備ができたときにいつでも受けることができます。試験期間も5日間設けてあるので余裕をもって取り組むことができ、忙しい人や子育て世代であっても取得しやすい資格なのです。
食育  食育

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る