紅茶マイスター認定試験口コミ評判

紅茶

日本安全食料料理協会が主催する「紅茶マイスター認定試験」で取得できる資格は、喫茶店を開業し、そこで紅茶を振る舞う上で必要なマーケティングなどの知識を身につけた人に対して認定される資格です。

この資格は喫茶店を開業したり紅茶を扱う仕事をやりたい人にぜひおすすめの資格です!

日本安全食料料理協会ではこのような食品を扱う知識を身につけたい人の為にさまざまな種類の認定試験を主催しています。

あなたがこの記事を読んで紅茶について少しでも興味を持ってくれると嬉しいです。

今回はこの認定試験についての情報や資格取得に向けての勉強方法について紹介していきます。

それではよろしくお願いします!

 

1.「紅茶マイスター認定試験」で求められること

喫茶店を開業する場合、重要になってくることはなんでしょうか?

もちろん、美味しい紅茶を淹れることが出来ることも大切です。

しかしながらお店として営業していくのなら如何にお客さんを呼び込むかという事も重要になってきます。

試験ではそのような如何にお客さんを呼び込むかというマーケティング戦略やお客さんに居心地よく滞在してもらう為の店内づくりについての知識などを問われます。

どちらかというと、この資格では喫茶店として開業する上での知識が中心なんです。

もし紅茶についての知識を試したいのならば、「紅茶アドバイザー」の資格の取得を目指すと良いでしょう。

これは紅茶マイスターと同じく、日本安全食料料理協会が取り扱っている資格です。

併せて取得すると良いでしょう。

 

2.通信講座を活用して試験対策を済ませる

「それじゃ早速勉強しよう!」と書店に走って専門書を購入・・・というのも良いですが、もっと効率よく試験勉強をする方法があります。

それは通信講座を使った勉強方法です。

女性向けの通信講座会社であるSARAスクールジャパンの「紅茶オーナー講座」はまったくの初心者でも紅茶についての知識を学ぶ事が出来ます。

また教材には紅茶を淹れるための道具が一式セットになっているので、実際に紅茶を淹れてみて勉強する事が出来ます。

「勉強の合間に淹れた紅茶でほっと一息!」というのも良いですね。

けれど、わざわざ通信講座を使わなくても・・・と考える方も居るかもしれません。実は通信講座を勧める理由があるんです。

「紅茶オーナー講座」の教材の内容は「紅茶マイスター認定試験」の試験内容を想定した作りになっているんです。

その為、試験で求められる内容を効率よく学ぶ事が出来るんです。

また前項でも紹介した「紅茶アドバイザー」の試験対策としても有効ですよ。

 

3.試験を免除する方法

急がば回れと言いますが、どうしても早く知識を身につけたかったり、資格を取得して開業したい人も居るかもしれませんね。

そんな人におすすめなプランがあります。

先ほど紹介した「紅茶オーナー講座」では通常プランである「基本コース」の他に上級プランである「プラチナコース」が用意されているんです。

プラチナコースを受講すると、なんと資格試験を免除して資格を取得する事が出来ます!

もちろん「紅茶アドバイザー」にも対応しているので同時にふたつの資格を取得することが出来ますよ!

 

4.受験の概要について

受験資格:特になし

受験料:10000円

試験の申し込み方法:日本安全食料料理協会のホームページから受け付けています。

試験の形態:在宅による受験

合格基準:70%以上の評価取得が条件

 

文章の構成上、本文では省略しましたが通信講座会社である諒設計アーキテクトラーニングの「紅茶W資格取得講座」も同じく「紅茶マイスター認定試験」に対応しています。

これらの通信講座にはほとんど差異はないので好きな方を選ぶと良いでしょう。
紅茶資格  紅茶資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る