緑茶インストラクター口コミ評判

日本茶

お茶の種類がいろいろある中、日本茶系の資格の種類も多くなっていますのでどの資格を取得してよいのか、迷ってしまうという声をよく聞きます。

その中でも緑茶に特化して資格を取れるものが「緑茶インストラクター」です。

緑茶の健康効果がうたわれて常識のようになってきている現在では、緑茶の知識を専門的に習得することができる緑茶インストラクターが口コミで右肩上がりに人気なのです。

ではこの資格はどのようなものなのでしょうか。

・「緑茶インストラクター」とは?

緑茶の淹れ方だけでなく、お茶の種類や茶道具の知識など必要となってきます。緑茶の産地別茶葉の特徴、茶葉の保管方法など多岐にわたって知識を得ることができる資格です。

「緑茶のプロフェッショナル」を目指せる資格とも言えるでしょう。緑茶だけに限定した内容となると、中身が濃くて取得が難しいように思うかもしれません。ですが、この資格はあらかじめ覚える範囲が決まっているので、幅広い知識を必要としますが勉強しやすいことも特徴です。
テキストが用意されており、茶道具の勉強やお茶の歴史、日本茶普及のために貢献した人物、日本茶を使った料理、また茶器に応じた正しい淹れ方、など合格するための情報が網羅されています。緑茶インストラクターの認定試験合格へのノウハウも盛り込まれているので、どの年代の方でも理解し取得しやすいようになっています。

またテキストを利用されない場合は、市販されている緑茶についての本を参考に勉強して受験に備えてください。

受験のために講座を受講しなければならない、ということもありませんので、決まった時間が取れない忙しい方にも取得のチャンスが十分あるのです。

・講師として活動できる「緑茶インストラクター」

資格を取得すれば、講師としての活動ができることも人気の高い資格の要素となっています。「緑茶インストラクター」として自宅やカルチャーセンターで教室を開くことができます。

趣味の範囲を超えて、緑茶の楽しみ方を多くの方々に知ってもらうことができます。また淹れて飲むだけの楽しみだけでなく、茶葉の保管方法や茶器の知識もおりまぜていろいろな角度から緑茶の魅力を伝える教室ができます。
カルチャーセンターには様々な世代が通ってきますから、緑茶の好きな年配の皆様には知っているようで知らなかった緑茶の知識を、若い世代には茶葉の香りや煎じる楽しさを教えてあげることにより緑茶離れを食い止める役割もできるでしょう。

特に若者は緑茶をペットボトルでしか飲んでいない傾向にありますので、家で茶葉から入れる楽しさを教えれば緑茶の良さが広めていけるでしょう。

・緑茶を楽しむ生活

講師などで収入を得なくても、日常生活で役に立つ情報をたくさん得ることもできますので周りの人にレクチャーしてあげることもできます。

家に人を招いてティータイムを楽しむにも、美味しい淹れ方で緑茶をふるまえば癒しの自宅喫茶のようになります。緑茶の香りが漂う中、世代を超えたお茶好きな人が集う癒しの時間を得られるでしょう。また緑茶の健康効果は様々ありますので、情報交換しながら健康への意識を高めていく場所を提供することもできます。

日本茶を使った料理の知識も得られるので、食生活にもとり入れることもできます。実際にお茶そのものを使った料理を試食してもらったり、アレンジレシピを考えるのもよいでしょう。

・受験方法と申込みは?

日本インストラクター技術協会が2か月に一度認定試験を行っています。在宅で受験し、回答を郵送する形の試験です。

受験資格は特にもうけてありませんので、老若男女問わず興味があれば誰でもいつでも受験できます。

受験申込みは、日本インストラクター技術協会のホームページより随時受け付けています。
https://www.jpinstructor.org/

はじめにも記載のとおり、2か月に一度試験がありますので勉強が遅れてしまった場合でも、次の試験まで長期間待たなければならないということもおこりませんので、それも取得しやすい要因になっています。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る