編み物資格人気徹底比較

編み物

あなたはどんな衣服が好きですか?
スカート、シャツ、パンツ、コート、手袋、靴下。
様々な衣服が存在していますが、それらを構成しているのは「編み物」の技術になります。
繊維を束ね、編み合わせることによってつくられる編み物。
今回は、編み物に関する人気の資格を紹介したいと思います。

徹底比較形式で紹介させて頂きますので、初めての方でもどの資格を選べば良いのかが一目でわかります。
将来的に編み物の先生になりたい人、自分の好きな衣服を編み物の技術を使って作ってみたい人、大切な人へのプレゼントに編み物を選びたい人など、編み物を覚える理由は様々だと思います。

色んな人に楽しんで頂けるように、初心者向けの物を中心に紹介させて頂きますので、少しでも興味のある人は資格取得を目指してみましょう。

人気 編み物マイスター

人気に紹介させて頂くのは、日本生活環境支援協会の「編み物マイスター」になります。
こちらでは、編み物に関する知識を幅広く学ぶことが出来ます。

編み物に適した毛糸の選び方について学んだり、どのような道具を使うのか、編み方によってどんな道具が適しているのかといった材料や道具に関する知識を学ぶことも出来ます。
勿論、様々な編み方についても学ぶことが出来るので希望の編み物技術を学び、自分のスキルとして活かすことも出来ます。

手編みだけでなく機械編みについても知識を学ぶことが出来るので、将来的に衣類系のお仕事に就きたいとお考えの方にお勧めです。

こちらの資格を取得するために必要な資格はございません。
受験に必要な受験費10000円を用意すれば、在宅での試験に挑戦することが可能になります。
受験の申し込みはインターネットで受け付けしているので、時間に捕らわれず好きな時間に申し込むことが可能です。

資格取得後には、編み物マイスターとしてカルチャースクールで講師活動を行ったり、編み物の先生として教室を開いたりなど、様々な活動が期待されます。
わかりやすいカリキュラムによって、初心者の人でもしっかりと学習を進めることが出来るので、初めての方にもオススメですよ!

手編みニットデザイナー

に紹介させて頂くのは、日本インストラクター技術協会の「手編みニットデザイナー」になります。
こちらの資格では、人気に紹介させて頂いた編み物マイスターと似た内容を学ぶことが出来ますが、1つ大きな違いがあります。
それは「手編み」に重点を置いた学習カリキュラムが用意されているという点です。
機械編みではなく、手編みに重点を置いているので機会を使わずに編み物を行いたいという人に向いている資格です。

初心者にもすぐに理解できるような内容になっておりますので、資格取得後には自分の作りたい作品はある程度は作れるようになっていると思います。
様々な注意点なども学ぶことが出来るので、初心者にありがちな間違いなどを予防することにも繋がります。

こちらの資格も人気の資格と同様に、受験資格は必要ありません。
受験に必要な受験費10000円を用意し、在宅での試験に挑戦することが可能になります。
受験の申し込みはインターネットで受け付けしているので、いつでも申し込みが可能です。
資格取得後には、インストラクターとしての活動が期待できます。

かぎ針編み講師

に紹介させて頂くのは、日本ヴォーグ社の「かぎ針編み講師」になります。
こちらの資格では、かぎ針をつかった編み物の技術を学ぶことが出来ます。
経験者には比較的簡単な資格なのですが、まったくの初心者には意外と取得が難しい資格になります。

かぎ針に絞った専門的な技術と、コツや注意点をしっかりと頭に入れた状態で試験に挑む必要があるので、初心者の方は人気で紹介させて頂いた「編み物マイスター」で編み物の基礎知識を学んだうえで受験すると良いでしょう。

毛糸編物技能検定試験

に紹介させて頂くのは、公益財団法人日本編物検定協会の「毛糸編物技能検定試験」になります。
こちらの資格は、編み物の公的資格として履歴書に書くことが出来るという特徴があります。
1級から5級まで階級が分かれており、1級にたどり着くためにはかなりの努力が必要になる資格です。
資格取得後には、様々な場面で役立つことがありますが、取得が難しいので初心者の方は5級から取得を目指すか、人気やで紹介させて頂いた資格を取得しましょう。

棒針編み講師認定

に紹介させて頂くのは、日本ヴォーグ社の「棒針編み講師認定」になります。
で紹介させて頂いたかぎ針と同じ主催元の資格ですので、基本的なカリキュラムは同じものになっております。
棒針の技術を徹底的に頭に入れた状態で受験することで、資格取得が叶う資格なので、経験者以外の方は、まずは編み物の基礎を学ぶために、手編みニットデザイナーなどの資格取得を目指す方が賢い選択だと言えます。

棒針の技術に自信のある方は、復讐を行ったうえでこちらの資格に挑戦すると良いでしょう。
編み物資格取得通信教育講座  編み物資格取得通信教育講座

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る