酒粕資格人気徹底比較

酒講座

あなたはお酒、好きですか?
ビールやワイン、シャンパンなど様々なお酒が存在してますが日本のお酒のお供に忘れてはいけないのが「酒粕」ですよね。
味が濃いおつまみとして知られる酒粕ですが、酒粕には様々な栄養素が含まれており美容や健康に役立つことを知っていますか?

今までなんとなく食べていた酒粕ですが、美容に役立つという点から美容ブームの一環で酒粕を食生活に取り入れる女性も増えています。
そこで今回は、皆さんに酒粕の知識を知って頂きたいと思い、資格の人気徹底比較を用意させて頂きました。

酒粕にどんな成分が含まれているのか、どのようにして酒粕を食べているのか。
酒粕にどんな健康、美容効果があるのか。

これらの知識、知りたいと思いませんか?
今回紹介させて頂く資格は、初めての方でも楽しく学ぶことが出来るものなので「ただお酒が好きなだけ」という人でも、資格取得を目指して頂けますよ。
少しでも興味がある方は、酒粕のプロになるための資格を取得してみましょう。

人気 酒粕・糀マイスター

人気に紹介させて頂くのは、日本安全食料料理協会の「酒粕・糀マイスター」になります。
こちらの資格では、酒粕・糀の2つの食品についての知識を学ぶことが出来ます。
酒粕にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、それらの成分は人間には欠かせないものです。
サプリメントなどでビタミンやミネラルを補充する人が多い中、酒粕を使っておいしく健康を維持する方法をこちらの資格で学ぶことが出来ます。

酒粕の有効性を知り、理論的に深く理解することで最終的には人に教えることが出来る程の知識を学ぶことが出来ます。
勿論、初心者の方でもわかりやすいような内容が用意されていますので安心して学習を進めることが出来ます。
普段からお酒を飲まれる機会が多い人や、酒粕に関する知識を学びキャリアップを目指したいという人にお勧めの資格になります。

こちらの資格を取得する為に必要は資格はありません。
インターネットで受験申込を行い、受験料10000円を用意し在宅受験に挑み、合格することで資格が授与されます。
出題の難易度も、カリキュラムに従いしっかりと学習を進めていれば、問題なく合格できるような難易度になっています。
また、通信資格ですので好きな時間に勉強を進めることが出来ます。
お仕事が忙しく、まとまった勉強時間が確保できない社会人の方や、子育てや家事に追われる主婦の方でも、隙間時間に勉強できるので誰でも資格に挑んで頂けます。
少しでも興味をお持ちの方は、酒粕・糀マイスターの資格取得を目指してみましょう。

酒粕ソムリエ

に紹介させて頂くのは、日本インストラクター技術協会の「酒粕ソムリエ」になります。
こちらの資格では、酒粕を美容や健康に活かすために必要な知識を学ぶことが出来ます。

酒粕にどのような成分が含まれており、どのような理論で体に影響するのか。
基本的な知識ですが、アドバイザーとして活動する為には知っておかなければいけない知識ですので、カリキュラムに従いしっかいと勉強を行う必要があります。
酒粕の栄養価についても学ぶことが出来るので、食生活の中に酒粕を自然に使うことが出来るようになります。

自分だけでなく家族の栄養管理にも繋がるので、非常に有用性の高い資格だと判断出来ます。
こちらの資格も人気で紹介した酒粕・糀マイスターと同じように在宅での受験が可能です。
インターネットで申し込み、受験料を用意することで受験が可能になります。
必要資格はありませんので、誰でも受験に挑戦することが出来ます。
資格取得後には、カルチャースクールでのアドバイザー活動を行うことが出来ますので、お仕事に資格を活かしたい人にお勧めです。

糀食マイスター

に紹介させて頂くのは、一般社団法人日本ナチュラルビューティスト協会の「糀食マイスター」になります。
こちらの資格では、糀食マイスターとして活動する為に必要な知識を学ぶことが出来ます。
糀食も酒粕と同じくらい栄養を豊富に含んでいる食品ですので、こちらの資格にて正しい知識を学ぶことで、生活の質を向上させるだけでなく将来的にお仕事に資格を活かすことが出来るようになります。

資格取得後には、カルチャースクールで講師活動を行ったり糀食を家庭で食べるために知識を活かしたりと、様々な活用法がございます。

糀マイスター

に紹介させて頂くのは一般社団法人日本糀文化協会の「糀マイスター」になります。
こちらの資格では、糀の知識を学び、健康や美容へ繋げるための学習を行うことが出来ます。
同時に発酵の原理についても学ぶことが出来ますので、資格取得後に生活の中に糀を取り入れることが出来ます。
ただ、上位の資格と比べるとカリキュラムの質に差が出ているので初心者の方は人気で紹介させて頂いた酒粕・糀マイスターの資格を取得することが、楽しみながら理解することに繋がるのでないかと思っております。

酒粕資格取得通信教育講座  酒粕資格取得通信教育講座

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る