音楽療法カウンセラー認定試験口コミ評判

音楽療法

「音楽療法カウンセラー」の資格は、音楽の癒しの効果を理解して、日常生活の中で活用させることの出来る能力を持った人を認定する資格です。

日本インストラクター技術協会が主催する認定試験を合格する事で取得できます。

作業中に好きな音楽や勢いのある音楽をかけると作業が捗ったり、病院の待合席でゆったりとした音楽がかかっていると心が落ち着いたりなど身の回りでも音楽の効果は利用されています。

季節のイベントでも正月らしいあの音楽やクリスマスムードのあの音楽がかかっていると気分が盛り上がりますよね!

音楽が人の感情に変化を与える理由についてははっきりとした事は判っていませんが、一説には曲の速さの変化が人間の感情の変化と似ているから影響を与えるという話もあるそうです。

この音楽の効果を状況に応じて上手く用いればより生活を豊かにする事も出来るかもしれません。

あなたもこの資格の取得を目指して音楽療法について勉強してみませんか?

今回はこの資格について受験する方法や勉強の方法を紹介します!

 

1.受験概要

受験資格:特になし

受験料:10000円

試験の申し込み方法:日本インストラクター技術協会のホームページから受け付けています。

試験の形態:在宅による受験

合格基準:70%以上の評価

 

2.申し込みから合格までの流れ

①日本インストラクター技術協会のホームページにある「資格認定制度→音楽療法カウンセラー」か、「受験申込み」のページから申し込みます。

②必要な資料が送付されてくるので受け取り時に受験料を代金引き換えで支払います。(現金・クレジットカード・デビットカードの3種に対応)

③試験は在宅で行います。指定された方法で試験の解答を行ってください。

④解答後は提出期限までに同封の返信用封筒にて送り返します。

⑤試験終了後は・・・合格基準を満たしていれば見事合格です!

 

3.音楽療法の勉強が出来る通信講座の紹介

自信のあるひとは独学で勉強したり、そのまま試験を受けたりするのも良いですが、効率よく試験対策をするには通信講座が一番です。

通信講座会社であるSARAスクールジャパンの「音楽セラピスト講座」の教材は「音楽療法カウンセラー」に対応しています。

講座を受ければ試験対策を完了させることが出来る訳ですね!

通信講座では基本から学べるので初めての人でも安心です。

さらにこの講座で対応している試験はひとつだけではなくて「メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験」という日本メディカル心理セラピー協会が主催する資格試験の対策としても使えるんです。

 

4.試験を免除するプランについて

実はさきほど紹介した「音楽セラピスト講座」では、さらに上のプランであるプラチナコースがあります。

このプランで受けると、通常であれば試験を受けなければならない所を試験をパスする事が出来ます。

そして講座を卒業すると同時に資格を取ることが出来るんです。

万が一不合格になってしまって受験料が無駄にという事態にならないように出来るんですね。

その分、普通の講座よりも高くなってしまいますが・・・値段の分の価値はあると思います。

「じっくり勉強したい」「確実に資格が欲しい」「万が一のリスクを無くしたい」という人にはおすすめです。

 

あとがき

実は今回紹介した通信講座の他にも音楽療法が学べて、かつ、試験対策も出来る通信講座があります。

諒設計アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座」です。

講座受講を検討している人はこちらも参考にしてくださいね。
音楽療法資格  音楽療法資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る