食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育

食育が大事だと見直されてきている昨今、食育についての知識を深めたいと思っている人が増えてきています。

「食」は生活には欠かせない身近なものですし、自分のためだけでなく家族のためにもなる知識を得ることができるため、食育健康アドバイザーは人気の高い資格となっています。

取得すれば食育指導や食に関する情報発信するにも役立ちますから、幅広い可能性が広がります。

日本だけでなく世界的にも「Food education」の意識が高まっているので、世界共通の食育の知識を得ることができるのです。

・「食育健康アドバイザー」認定試験とは?

日本安全食料料理協会(JSFCA)が実施している認定試験で、食育に関する基本的な知識を有している、またその知識を活かして人に食育のレクチャーをできる能力を有していることが証明されます。食育そのものの知識だけでなく諸外国の食育への取り組みや、生活習慣病の知識にまで範囲が及びます。

食育基本法や、食育と生活習慣病の知識、こういった内容はJSFCA認定校の授業や通信教育を受けて勉強することもできます。

子供がいたり仕事をもっていたりして決まった時間をあけるのが難しい方は、食育健康アドバイザーのテキストが用意されていますので、テキストを利用することにより自分のペースで勉強することができます。

食育に関する幅広い知識が必要ですが、テキストには受験範囲が網羅されていますのでとても役に立ちます。

食育基本法はインターネットで検索すれば出てきますし、独学で知識を得ることもできます。効率的に勉強をすすめたいならばテキストがお薦めですが、自分に合った方法で受験に臨むとよいでしょう。

・「食育」ってなに?

2005年に食育基本法が施行されました。

それによると「健全な食生活を実現し、食文化の継承、健康の確保等が図れるように自らの食について考える習慣や食に関する知識・判断力を身に付けるための学習等」とあります。

食を大切におもう心を育む、伝統的な食生活で体を健やかに育む、生活習慣病を予防する、栄養と健康に関する正しい知識を持つ、など食の総合的な教育です。

現代では外食が増え食生活が欧米化していること、子どもの欠食や孤食の増加、肥満やアレルギーの増加など問題が多くなってきています。そのような状況から、子供のころからの食育が非常に重要だと考えられているのです。

・食育健康アドバイザー取得後の仕事

資格を取得すると、カルチャーセンターや自宅で教室を開き講師活動を行うことができます。食育の知識をわかりやすく興味深くレクチャーすることで、食育の大切さや意義がいろいろな世代に伝えられます。

子育て世代には食育の知識を伝えるとともに、アレルギーを改善する食事や食材の提案。働き盛りの中高年世代には生活習慣病予防やメタボ改善のための食生活の見直し、など。年配の方々には健康を保つためのバランスのよい食事。こういった内容で各世代に必要な情報を提供していけるのです。

また、講師活動以外でも食育のプロフェッショナルとして介護や福祉の現場、教育の現場にも役立つ資格となります。すでに食に関する仕事についている方にも、実務に活かせる有益な資格といえるでしょう。

・受験方法と申込みは?

日本安全食料料理協会が2か月に一度、年に6回認定試験を行っています。在宅で受験することができ、回答が完成したら郵送で送り返します。

2か月に一度行われているので、好きなタイミングで受験することができることと、在宅受験なので小さい子供がいたり仕事を持っていても時間に縛られず試験を受けることができることも人気の高い理由となっています。

受験資格は特にもうけてありませんので、老若男女問わず興味があれば誰でもいつでも受験できます。

受験申込みは、日本安全食料料理協会のホームページより随時受け付けていますので興味のある方はこちらをご覧ください。

https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/

受講料は消費税込みで10,000円。70%以上の評価で合格となります。
食育  食育

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る