食育資格人気徹底比較

食育

「食育」という言葉はご存知でしょうか?食育とは、私たちが営んでいる食文化の総称を指しますが、

具体的に箸の持ち方や毎日の献立てや栄養バランス、などといった「食」に関するすべての事柄を指します。

私たちが日常生活を営む上で、衣食住の「食」の知識を蓄えることは、健康に長生きすることにも直接的に結びついています。

昨今では、生活習慣病などの「食」の乱れが引き起こす現代病が蔓延しています。

それはひとえに「食育」に関する知識が足りていない・意識が低いということの現れでもあります。

今回は、「食育」に関する資格をご紹介します。

この資格を取得して毎日の健康な生活に役立てる・仕事として食育に携わるといった方法もあります。

現代ならではのニーズの則した資格となっていますのでとてもオススメの資格となっています。

1位 食育健康アドバイザー

こちらの資格はオススメ1位として紹介いたします。食育に関する全般的な知識が網羅できるだけでなく、

資格取得後に講師活動やインストラクターとして活動できるなど、その資格の役立て方が多種多様となっています。

実際に取得された方が、食育のプロとして様々な場所で活動しています。

また、在宅受験となっている資格なので、主婦や転職を考えている方に特にオススメです。

日本安全食料料理協会が実施しています。

https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/

・受験資格:特になし

・合格基準:70%以上

・受験料:10,000円

・受験方法:在宅受験

・通信教育で事前に学びたい場合:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/ (諒設計アーキテクトラーニング)

管理健康栄養インストラクター

こちらの資格はオススメ2位となっていますが、1位の食育健康アドバイザー同様、とてもオススメの資格となります。

管理健康栄養インストラクターは、毎日の献立てや日本の食文化に対する考え方も学べるので、食育全般の知識に精通することができます。

合格後は、認定証も発行しています。認定証を自分のお店に掲げて開業すれば、集客や信頼度アップにつながることは間違いありません。

日本インストラクター技術協会が実施しています。

https://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/

・受験資格:特になし

・合格基準:70%以上

・受験料:10,000円

・受験方法:在宅受験

・通信教育で事前に学びたい場合:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/ (諒設計アーキテクトラーニング)

食育インストラクター

こちらの資格では1級~4級・プライマリーといった、レベルに応じた資格取得ができます。

例えば、一級では食育に関する知識全般で、プライマリーでは基本的な内容となっています。

NPO日本食育インストラクター協会が実施しています。

食育アドバイザー

こちらの資格は通信講座・通信教育のキャリアカレッジジャパンが実施しています。

知識だけでなく、実施力も身に付く資格となっています。

わずか3ヶ月程度でそのスキルが身に付くため、時間のない方にはピッタリの資格となっています。

食育メニュープランナー

こちらの資格は、通信講座・通信教育の「たのまな」が実施している資格です。

献立ての知識がとても豊富になる資格となっています。

野菜をうまく盛り込んだメニューが作りたい主婦の方などにオススメの資格となっています。
食育  食育

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る