福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

福祉

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

福祉心理カウンセラーというものをご存じでしょうか?これは、日本メディカル心理セラピー協会主催の資格で福祉、心理学に関する基礎知識やストレスなど、様々な要因から起こる症状を理解してそれに対するカウンセラーとして活動できるレベルに至っていると認定された人に贈られる資格です。福祉心理カウンセラーは心理カウンセラーとは違い、福祉の場で必要となるカウンセリングを重点的に行います。福祉といえば子育てや高齢者などの様々な問題がありませすが、その母親や、高齢者の心のケアを行うのが主な仕事です。今、福祉の仕事に従事している方はより相手のことを理解してカウンセリングできるようになりますし、知識も広がり、スキルアップにもつながる資格だと言えます。

福祉心理カウンセラーを取るメリットとデメリット

この資格を取るメリットは、様々なっ機関で活躍できることです。今カウンセラーの需要は高いですが、その供給は間に合っていません。病院だけでは抱えきれていないのです。そこで専門的なカウンセラーの職業を作ることでそのニーズに対応しているのです。福祉心理カウンセラーの資格をとれば、介護の場はもちろん、教育の場、公共機関などで活躍することがで、老若男女を相手にすることができます。またこの仕事は対人であり、一対一なので、責任感や大きな充実感を得ることもできます。カウンセラーになるのに、資格はいりませんが、何も資格がなければ、活躍の場を広げることは難しいです。取得にかかる費用や難易度を高いですが、そこを何とか乗り越えることはできれば、将来かならず役に立ち、仕事に困ることはないでしょう。また資格取得後は、独立して講師として活躍することもできます。

福祉心理カウンセラーの受験内容

実際にこの資格を取得するために必要なスキルはさまざまです。医療、福祉、教育と様々な観点から学び広く浅く学ぶことが大切といえます。決して簡単に取得できる資格ではないですが、きちんと勉強してさえいれば、取れる資格なので、挑戦してみる価値はあります。

福祉心理カウンセラー取得に向けた勉強方法

やはり、資格試験の一番の近道はプロに教わること。今回ご紹介するのは福祉心理カウンセラーの資格に特化したオンラインスクールで諒 設計アーキテクトラーニングです。ここは2ヵ月~6か月での資格の取得を目指します。またスペシャル講座も準備されており、なんとそれを受講し卒業すれば、試験を受けずに福祉心理カウンセラーの資格がとれてしまうというまさにスペシャルな講座です。一般講座の費用は59,800円スペシャル講座の費用は79,800円です。やはりそれなりの値段はしますが、資格取得後すぐに回収できることを考えるとお買い得ではないでしょうか。

受験方法とその後

受験方法は自宅でオンライン受験になります。手続きから受験、資格の付与ますべてオンラインで解決してしまうので、とても楽でいいですね。先ほど少し説明しましたが資格取得後は、様々な業種に従事することができその幅も広いです。また、就業形態としては、事業所に雇用されるだけでなく独立して、カウンセリングルームを開設することもできます。時代のニーズに沿って今後の活躍が期待される職業です。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る