ベランダ菜園資格人気徹底比較

家庭菜園

みなさん、ベランダはどんな風に活用されていますか?

私の知り合いは結構、プランターで家庭菜園をしている方がいらっしゃいます。

コツを聞いたら、トマトとかナスとか、育てたい野菜徹底比較の上位の作物を育てるのではなくて、ミョウガとかパセリとか手をそれほどかけなくても大量にとれる野菜を育てることなんだそうです。

都会でもできる自給自足生活といいますか、健康にも良いし、癒されるし、節約にもなるという、様々なメリットを持つベランダ菜園。最近は若い女性にも人気です。

こうしたベランダ野菜について、趣味としてやっていくのも良いのですが、資格を取得すれば、アドバイザーとして人に教えることもできるようになります。

資格を持つことで、カルチャー教室でベランダ野菜のすばらしさについて教えることで、心の面でも金銭面でも人生が潤っていくと思います。

今日はそんなベランダ菜園の資格徹底比較について書きたいと思います。

1位 ベランダ菜園士

ベランダ菜園士は、ベランダで野菜や植物を育てるための専門的な知識と経験を持っていて、自分の力でしっかりと管理を行って育てられる専門知識を問う資格です。
アドバイザーと名がつくとおり、ご自分のハウツーについて、他者に対して、適切なアドバイスできなくてはなりません。

冒頭でも述べましたとおり、趣味としてベランダ菜園を始めた上で、仕事へと昇華していくことも可能です。

最近はストリートアカデミーなど、誰でも先生になれるネットのカルチャー教室が登場してきましたので、地域のベランダ菜園作りの先生として、誰でも活躍できるようになってきました。

ベランダ菜園の知識と技術は自分のためのみならず、ご近所とのコミュニケーションツールとしても活用できます。
さらに先生になることでもっともっと輪を広げて、地域コミュニティを形成していく喜びもあると思います。

この資格認定のためには、日本生活環境支援協会の試験を受ける必要があります。受験資格は特にありません。在宅受験可能です。
合格には70%以上の評価が必要です。

日本生活環境支援協会
https://www.nihonsupport.org/shiken/berandasaien/

2位 家庭菜園士

家庭菜園士は、植物や野菜の育成方法に関する基本的な知識と経験が必要であり、植物や野菜の種類に関する知識を習得していてそれぞれの植物に合った環境で育てることができる方に認定される資格です。
当然ながら、単に育てるだけではなく、上手に実らせる知見も求められます。

例えば、初めて育てる方はプチトマトやなす、キュウリなどにどうしても惹かれてしまいますが、実際に育てやすいのはミョウガがったり、ラディッシュだったり、万能葉ネギだったり、ベビーリーフであったり、シシトウであったり、シソであったり、小松菜であったりします。

こうした、初心者にとって育てやすい品目を教えてあげられる知識を習得することも、インストラクターとして必要な知識になってきますし、こうした知識を教えてあげると、インストラクターとしての場面でも、ご近所に教えてあげる場面でも、喜んでもらえることが容易に想像できますね。

この資格認定のためには、日本インストラクター技術協会の試験を受ける必要があります。受験資格は特にありません。在宅受験可能です。
合格には70%以上の評価が必要です。

日本インストラクター技術協会
https://www.jpinstructor.org/shikaku/kateisaien/

3位 美味安全・野菜栽培士

美味安全・野菜栽培士は、ご家庭で安全な野菜を作りたい方や、美味しい野菜を作りたい方のための資格です。
通信講座を受けると美味安全野菜栽培士の資格が取得できます。

この資格では野菜を育てる知識技術が身につく上、さらに面白いところが収穫した野菜をどんな風に活用したらよいかが身に付く点です。

自分で野菜を育てて、ヘルシーな野菜料理を楽しみたい方にお勧めできます。

日本園芸協会

4位 家庭菜園検定

家庭菜園検定では、野菜に関する基本的な知識や栽培方法を身につけている必要があります。
野菜の原産地や育て方の特性についても問われます。

一般社団法人 家の光協会主催の人気の検定試験です。残念ながら現在は休止中です。

一般社団法人 家の光協会
さてさて、今回は家庭菜園のお話でした。
前にチャレンジして、失敗した人も、また再チャレンジして、さらに誰かに教えられるレベルを目指すというのも人生を豊かにするものと思います。
ベランダ菜園資格  ベランダ菜園資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る