POP広告デザイナー認定試験口コミ評判

POP

日本デザインプランナー協会が主催する「POP広告デザイナー認定試験」で取得できる資格はPOPデザインについての知識やセンスを十分に身につけている人に対して認定される資格です。

文具店や書店へ行くと商品を紹介するPOPを見かけますよね。

手書きの暖かみのあるPOPを見ると、思わず目に留まり気付けば商品を手に取っている・・・という経験のある方もいるかもしれません。

また、実際に仕事の一環でPOPを制作している方もいるかもしれませんね。

絵心のある店員さんが売り場のレイアウトを良くするためにPOPを制作する事は良くあります。

特別な技術がいらず気軽に描けるのがPOPの魅力でもあるのですが、せっかくなのでもう一歩踏み込んだPOPを制作できるようになりたくないですか?

今回は日本デザインプランナーが主催する「POP広告デザイナー認定試験」について紹介します!

 

1.日本デザインプランナー協会とは?

「未来をデザインする」というキャッチコピーを掲げている事や、名称の「デザイン」の言葉が示す通り、クリエイティブ関係の資格を中心に取り扱っています。

その資格の数は24種類。

今回紹介するPOP広告デザイナーを始めとして、ファッションデザイナーやネイルデザイナーなど多くの分野をカバーしています。

協会の主目的としては、それぞれの分野の志望者が資格に向けて勉強する事でモチベーションを高めたり、資格を保有する事でさまざまな場での能力の証明を簡潔にする事が出来るようになることなどです。

 

2.クリエイティブ分野の資格の需要

日本デザインプランナー協会の公式ホームページの「試験結果発表」の項目で受験した人の数が見れるのですが、今回紹介している「POP広告デザイナー認定試験」でも平成26年度の試験ではおよそ3900人が受験したことが分かります。

決して良し悪しの話ではありませんが、特に受験人数の多い「カラーアドバイザー認定試験」ではおよそ10500人、「ネイルデザイナー認定試験」ではおよそ10400人の受験者が居たことになります。(いずれも平成26年度)

クリエイティブ関係の仕事はとても人気ですね。

一方で志望者やアマチュアが実績を得るための手段が乏しい為、なにかと縛りがある学生や異業種に就きながらクリエイティブ業を目指す人を中心にこのような資格制度の需要が高まっているのかなと個人的には思っています。

 

3.対応している通信講座

SARAスクールジャパンの「POP広告講座」と諒設計アーキテクトラーニングの「POP広告デザイナーW資格取得講座」の2講座は「POP広告デザイナー認定試験」の試験内容に対応したカリキュラムが組まれています。

これらの講座を受講すれば効率的に試験対策を完了させることが出来ますね。

また、日本インストラクター技術協会が主催する「POP広告アーティスト認定試験」にも対応しており、講座を受講する事で同時にふたつに資格を目指すことが可能になるんです。

さらにどちらの講座にも上級のプランが用意されており、こちらを受講すると試験が免除され受講修了と同時に資格を取得することが出来ます!

確実に資格を取得できるためお得です。

もちろん、前述した「POP広告アーティスト」の資格も同時取得出来ますよ!

 

4.受験の概要

受験資格:特になし

受験料:10000円(消費税込み)

受験の申請:日本デザインプランナー協会のホームページから受付

受験の方法:在宅による受験

合格基準:全体の70%以上の評価を取得する
POP広告資格  POP広告資格

関連記事

通信教育特集

ページ上部へ戻る